読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

衣類用アイロンでスキーのホットワクシング

 昨日、長野に住んでいるかつての職場の後輩とスキーに行ってきました。

 場所は後輩君おすすめの「白馬五竜スキー場」。天気も良く気持ちよく滑ることができました。

 

f:id:sword749:20170205221222j:plain

▲丁度日差しの具合で向こう側の山(多分「八方尾根」ではないかと思います)の山肌がコントラストくっきりでとてもきれいでした。また空が実にきれいでした。

 

 

 このスキー行きに先立ち、スキーのメンテでホットワクシングというものをやってみることにしました。アイロンを使ってワックスを塗りこむやつです。


 前からホットワックスには興味がありましたが、スキー用のアイロンとかいろいろと道具が必要です。

 バイクのメンテで使う工具同様、闇雲に買って工具箱の肥しになっては勿体無い。まずはお手軽に試してみる方法は無いだろうかと思っていたら、衣類用の普通のアイロンでも出来るのでは?と思い付きました。

 ネットで検索してみると結構皆さんやられているようで、沢山の情報が出てきました。

 どうやら衣類用のアイロンで無理ということは無さそう。

  • スキーのワックスがけに使ったアイロンは衣類には使えなくなる。(アイロンに付着したワックスが衣類についてしまう)
  • スチーム機能付きはアイロン面のスチーム穴が邪魔。(ワックスが穴に入ってしまう)
  • アイロン面のテフロンコーティングは剥がした方が良い(ワックスペーパーを使えば剥がさなくても平気との意見も)
  • アイロンの温度を適温に調整できること。(熱すぎると板を痛めてしまう。ワックスにもよるけど90℃~110°Cくらいが適温らしい)

 ということで、使わなくなった古いアイロンや安物のアイロンを買ってきて使うのが良いそうです。

 

 ちょうど、買い物のついでに立ち寄った家電量販店でアイロンコーナーを見てみると、携帯用の小さなアイロンを見つけました。「pieria」というブランドのDMA-04というモデル。

 スキー板に使うにはピッタリの大きさ。スチーム機能が無いのも好都合。温度の調節機能も無いですが、お値段は980円と手頃だったので購入することにしました。

 その足でワックスやワクシングペーパーとかも入手して準備万端。

 

f:id:sword749:20170205230229j:plain

f:id:sword749:20170205230246j:plain

▲開封して実物を手にとって見るとかなりテープな造り。電源のON/OFFスイッチすらありません。100円ショップで売られていていそうな商品だな、と思いました。

 

 

 と、ここまでは良かったのですが、何気なくこの商品のAmazonのユーザーレビューを覗いてみたら、驚きの評価の低さ。

 “開封したとたんにハンドルが外れた”なんていうものありましたが、一番の問題は発熱不足。どうもまともに衣類のアイロンがけも出来ないくらいパワーが弱いようです。

 

ピエリア ミニアイロン DMA-04BL

ピエリア ミニアイロン DMA-04BL

 

 

 まさに100円ショップの商品レベル、というかそれ以下のようです。(今の100円ショップの商品の品質や性能は結構上がっていますから)

 

 

 とりあえずワックスがけをやってみると、ワックスをアイロン面に当てると溶けるのですが、スキー板にアイロンを当てて塗り広げようとすると直ぐに熱が奪われてワックスが固まってしまいます。

 アイロンをスキー板に当てて少し塗り広げては離して温度が回復するのを待ち、という要領で何とかワックスを塗ることは出来ましたが、随分と時間がかかりました。

f:id:sword749:20170205230631j:plain

 

 ただ、ちゃんと温度を保てるまともなアイロンであれば衣類用でもスキーのホットワクシングは十分にできるな、とは思いました。このアイロンももう少しパワーさえあれば良かったのですが。

 

 とはいえ、やはりアイロンはちゃんとした物を入手した方が良さそうです。スキー用のはどんなのがあるだろうかとAmazonを眺めていたら、こんな商品を見つけました。

 

UNIX(ユニックス) ワキシング・ミニアイロン USB09-55

UNIX(ユニックス) ワキシング・ミニアイロン USB09-55

 

 

 何というか、大きさをいい形状といい、とても似ています。ユーザーレビューの内容もそっくりの低評価(というか悪評価)。

 こういうのは売っちゃいけないですね。

 

 

  ※因みに、分解してみたらこんな構造でした。

f:id:sword749:20170205230554j:plain

 

今年のカタナ初乗り

 先週末は天気も良くとても暖かかったです。

 カタナのハーネスのリペアをするに当たり、車体への取り付け状況を確認しました。

 古い端子を切り落として新しい端子に付け替えるので、多少(5mm~10mmくらい)ハーネスの長さは短くなります。長さ的に余裕がありそうかどうかの確認です。

 大体は大丈夫そうですが、ガソリンタンクの真下にあるこの黄色いカプラーはちよつと厳しそう。このカプラーの配線は分岐箇所から配線し直す方が良いかも知れません。

f:id:sword749:20170131003801j:plain

 

 

 

 ハーネスの確認をした後、この時期にしては大分暖かなので、ちょっとカタナを走らせることにしました。今年の初乗りです。

 先日“冬の間は徹底的にバイクをさぼる”と書いているのに“舌の根も乾かないうちに”、という感じではありますが。

 前回走ったのは昨年末の大晦日なので1ヶ月ぶり。バイクのコンディションやライダーの感覚を維持するにはあまり間をおかずちょっとでも走っておいた方が良いと思います。

 タイヤの空気圧をチェックしてエンジン始動。始動直後は少しぐずつき気味でしたが、直ぐにエンジンの調子は安定しました。

 アイドリングが多少落ち着いたところで発進。クラッチミートがちょっと遅れて若干ぎこちない発進になりました。たった1ヶ月空いただけですが、やはり多少感覚は鈍っていました。

 ただその後は問題なし。直ぐに普段どおりの感覚に戻りました。

 既に12時を過ぎているので遠くには行かず近場を適当に流しました。なるべくコーナーがあるところを選んで適当にブラブラと。

 久しぶりに走らせるバイクはやはり楽しい。

 バイクの調子が上々な上にタイヤのグリップ感が良いです。今まで使っていたタイヤは寒くなると路面の感覚が希薄になり、冬場はバイクを走らせる気になれない一因でした。

 前にも書きましたが、ミシュランのPilotRoad3は寒くてもなかなかのグリップ感が有ると思います。

 

 久しぶりにバイクに乗ったときにいつも思うのですが、オートバイというのは実に刺激的な乗り物です。

 右手でアクセル操作とフロント・ブレーキ、左手はクラッチ、右足でリア・ブレーキ、左足でシフトペダルの操作。それぞれの全く異なるコントロールを連携させて行なっている訳で、これはなかなか凄い事だと思います。

 それに加え車線変更やコーナリングでは身体の加重移動でバイクを左右にバンクさせているし、市街地走行では前方はもちろん左右や後方の状況を瞬時に確認、判断をしなければなりません。

 脳細胞や全身の筋肉が活性化するような感じで、正月ボケで寝ぼけていた頭と身体がスッキリ目が覚めたような感じです。楽しい初乗りでした。

スキーブーツのインソールを調整

 冬の間はバイクを徹底的にサボる代わりにスキーで憂さ晴らし(?)をしています。

 近場のスキー場へ日帰りでちょっと滑りに行く程度で、スキーの腕も何とか人並みには滑られる程度。それでも少しずつ上達しているようにも感じられます。

 

 バイクもですが、上達を実感できると楽しいしもっと頑張ろうという気になります。

 

 そんな状況なんですが、先日滑っているときふとした事で前後の加重バランスが後ろ過ぎているんだ、という事に突然気が付きました。ブーツの中で踵が沈み込み過ぎていて、自然に立っていると後ろ側に重心がある感じです。

 

 私のブーツは十数年前に買ったものでしかも安物。やっぱりブーツはもっと良いものでなければダメなんだ、直ぐにでも新しいブーツを買わねば、と悪い虫が騒ぎ出しました。

 でもカタナという金食い虫がいるし、そう安直に買い替えてはいられなない。

 何か良い手は無いかなと考えた結果、インソール(中敷)を踵部分が厚いものに交換すれば良いのではないかと思い付きました。インソールの調整はスキーブーツに限らずとても重要ですし。

f:id:sword749:20170129005052j:plain

f:id:sword749:20170129005220j:plain

 

 ただ、どんなインソールが良いか?値段もピンキリだし、踵部分が厚いものってあるのだろうか?そもそも自分のスキーブーツにピッタリ合うインソールが見つかるだろうか?

 と思っていたら、職場で使っている底がすっかりすり減ったクロックスのまがい物のサンダルが目につきました。素材はゴムスポンジみたいなもの。

f:id:sword749:20170129005145j:plain

 

 これを材料にしてインソールを作ってみてはどうだろう?と閃きました。切って削って形を整えれば良いだけで難しくはないはず。我ながら良いアイディア。

 

 このサンダルはそろそろ捨てようと思っていたところだったので、早速工作に取り掛かりました。

 

 まず、サンダルのアッパー部分をハサミで切り離します。

f:id:sword749:20170129005239j:plain

 

 次にスキーブーツのインソールと同じ大きさにハサミとカッターを駆使して形を整えていきます。

f:id:sword749:20170129005318j:plain

f:id:sword749:20170129005358j:plain

 

 柔らかい素材なので加工は簡単。大まかな形になったところで、試しにブーツの中に入れて確認してみました。

 

 が、ここで問題が発覚。

 このゴムスポンジのような素材ではブーツ内側に生地に引っ掛かってしまい、なかなか奥に敷くことが出来ません。またブーツを履くときに靴下が引っ掛かって足を入れるのに難儀しそう。

 

 とい訳で、サンダルベースのインソールはあえなく中止。良いアイディアだと思ったのになかなか上手く行かないものです。

 

 

 ただ、これで諦めることはできません。ノーマルのインソールを加工することにします。

 

 材料はホームセンターで買ってきた厚さ2mmのコルクのシート。コルクは柔らかいしクッション性もあるのでインソールの加工素材としては良さそうです。

f:id:sword749:20170129005658j:plain

 

 これでノーマルのインソールの下に履かせる“ゲタ”を作り、踵部分を上げることにします。

 

 インソールの土踏まず~踵部分の形にコルクシートを何枚か切り出し、接着剤で貼り合わせます。(接着剤はセメダインXを使用)

f:id:sword749:20170129005718j:plain

f:id:sword749:20170129005738j:plain

 

 

 これをカッターとヤスリで成形。

f:id:sword749:20170129005807j:plain

 

 

 これをノーマルのインソールの下に貼り付ければ完成ですが、その前に”ゲタ”の高さの具合を確かめてみることにしました。

f:id:sword749:20170129005857j:plain

 

 ブーツの中にコルクの“ゲタ”を敷いて、その上にインソールを敷いてみたところ、“ゲタ”の大きさ(幅)がブーツの内側にピッタリでズレたりすることは無さそう。これならインソールに接着しなくても良さそうです。

f:id:sword749:20170129005916j:plain

 

 

 肝心の前後の加重バランスですが...

 部屋の中でブーツを履いて立ってみた感じでは中々良い感じで、以前よりも前側に加重がかかるようになったと思います。因みにコルクシートは最終的に4枚重ねたので8mmのゲタを履かせたことになります。(多少つぶれて薄くなると予想)

 足裏の感触も問題は無さそうです。踵や足首部分のホールド感も良くなったと思います。

 これは早くスキーで滑って試してみたいです。