自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

【バイク】足周りカスタム

またカタナが壊れたけど・・・~メーターギアを交換、修理

またカタナが壊れました。 と言っても、カタナ本来のパーツ部分ではなく自分でカスタムした部分のパーツなのですが。 先週の日曜日、良い気分で帰路を走っていたら、突然スピードメーターが動かなくなりました。 おかしなショックや異音とか特に異常は感じな…

カタナのリア・サスペンション交換~ロングマウント装着

ロングタイプのマウントボルトが届きました。 注文したのはノーマル(43mm)より10mm長いもの(53mm)。因みにこれはWebikeで注文することができました。 マウントボルトをこれに交換した段階でサスペンションの長さは約370mm。そこから5mmほど伸ばして試し…

カタナのリア・サスペンション交換~スプリング交換

リア・サスペンションの続きです。 わざわざレートの低いものに変えてもらったスプリングは、ちょっと弱すぎたようです。やはりスプリングを換えた方が良さそうです。 20-30Nmmから25-35Nmmに変える、というか追加購入します。 とは言ってもWEBサイトのカタロ…

カタナのリア・サスペンション交換~とりあえず装着編

YSSサスペンション導入の続きです。 バイクに取り付ける前に分解してみました。 スプリングの自由長は想像していたより短くて200mmでした。 バイクへの取り付けで問題はありませんでした。少し気にしていたのはリサーバータンクがストローク時にリアシー…

カタナのリア・サスペンションを交換しました

カタナのリア・サスペンションをとうとう買い替えてしまいました。 今年1月の走り初めでも”リアサスペンションもグレードアップしたい” などとつぶやいていましたが、ついに踏み切ってしまいました。 sword749.hatenablog.com 実際に買い替えたのは今年の8月…

トップブリッジのメータ取り付け変更(加工編)

前回の続きで、トップブリッジの加工です。 加工といってもネジ穴をパテで埋めて、新たにあける穴の周りにパテを盛って埋め立てるだけ。板金みたいなものです。 ▲パテを盛るところは汚れを落とし表面を少し削って粗くしておきます。因みにパテを盛った状態で…

トップブリッジのメータ取り付け変更(高性能金属パテ)

先日、カタナのトップブリッジの加工を行いメーターの取り付け方法を変更しました。 “先日”といっても作業したのは9月なのですが。 最近はすっかりブログを書くのを怠けるようになってしまい、8月のツーリングのレポートを11月に突入してようやく(半ば強引…

フロントアクスル20Φ化計画~完成!!

もう1か月以上前の作業ですが、前からの取り組みだったフロントアクスルの20Φイヒの最終作業を行いました。 フロントアクスル20Φ化計画 - 自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~ フロントアクスル20Φ化計画~速度表示の誤差範囲が判り難い件 - 自…

メーターギアとスピードメーターケーブルについて(メーターケーブル編)

メーターギアに続いてスピードメーターケーブルです。 残念ながらGSX-Rのメーターギアにカタナのケーブルは付けることができません。 同じスズキのバイクでありなっがら、メーターギアにケーブルを差し込む部分の構造が違うのです。何故こういうケーブルとか…

メーターギアとスピードメーターケーブルについて(メーターギア編)

このところ、北海道ツーリングの旅行記ばかり書いておりますが、9月はずいぶんとカタナをいじっておりました。フロントアクスルの20Φ化の作業や、他にもいろいろとやった事(やらねばならなかった事)があり、結構ブログのネタは溜まっている状況です。 私…

フロントフォークのOH用の自作治具②

フロント・フォークのOH用治具その②は、ボトムケース(アウターチューブ)底のボルトを締めたり緩めたりするときにシリンダーを押さえるための治具です。 ▲カタナのサービスマニュアルにも“アタッチメント”という名のツールが紹介されていました。 OH作…

フロントフォークのOH用の自作治具①(オイルシールを入れるための治具)

フロントフォークのオーバーホールでは専用の治具が必要となります。 一つは、 スライドメタルやオイルシールをフォークのボトムケースに押し込むための工具。 前回の記事でも少し書きましたが私は塩ビパイプで代用しています。 柔らかい素材でありながら強…

フロントフォークのOHをやりました(その3)

“二回くらいに分けて”書くつもりだったフォークのOHですが、ちょっと長くなってしまい、ようやく組立てについてです。 基本的には分解とは逆の手順で進めます。 インナーチューブにスライドブッシュを取り付けるところから始めるのですが、再メッキして傷…

フロントフォークのOHをやりました(その2)

フロントフォークのOH、組立ての前に部品の状態について、です。 消耗部品の状態 フロントフォークの消耗部品の状態はこんな感じでした。 スライドメタルは、取り外した部品は内側の摺動面のコーティングがかなり磨滅して地金が出てきていました。 ▲左が古…

フロントフォークのOHをやりました(その1)

この前の週末は雨の心配も無さそうだったので、フロントフォークのオーバーホールを行いました。 オーバーホールといっても、平たく言えばフロントフォークを分解し、磨耗した部品を交換して組み立てるだけなのですが、今回もいろいろと盛り沢山の出来事があ…

インナーチューブの再メッキが完了しました

先々週の日曜に発送したフロントフォークのインナーチューブが昨夜戻ってきました。 配送の期間を考えると、予定通り2週間で作業が完了したことになります。予定とおり。 料金も見積りのとおり17,000円/本。消費税が2,720円で合計で36,720円です。 支払い…

フロントフォークの交換部品を注文

フロントフォークのインナーチューブの再メッキを待つ間、その他の交換パーツを注文しておくことにしました。 カタナのフロントフォークのオーバーホール、といいながらも、フォークは1989年式のGSX-R1100(GV73A)のものを使っているので、念のため。 今回交…

フロントフォークのインナーチューブの発送

今日はフロントフォークのインナーチューブを東洋硬化さんへ宅配便で発送しました。 東洋硬化さんに作業依頼の手続きを問い合わせたところ、再メッキして欲しい部品単体の状態にして、宅配便で送付すればOKとのこと。 出来上がったら代引きで発送してくれ…

フロントフォークの再メッキのお値段

先日、左側のフロントフォークからオイルが漏れていることが発覚した我がカタナ。 やっぱりただオイルシールを交換するだけではなく、この際インナーチューブの補修(再メッキ)もしようと思います。酷い錆がある訳では無いのですが、磨耗が進み気味で前々か…

フロントアクスル20Φ化計画~次なる策

メーターギアの続きです。 GV73Aのメーターギアが簡単には使えない(GU74の18インチホイールに合わない)ということが分かったので、他の策を追及することにしました。 GU74のメーターギアのアクスルシャフトを通す穴径を17nmmから20mmに拡大することにしま…

フロントアクスル20Φ化計画~やっぱりそう簡単ではなかった

メーターギアに関する続きです。 前回書いたように、メーターギアの問題を手っ取り早く解決(妥協?)しようとGV73A型GSX-R1100のメーターギアを手に入れたのですが、やはりそう簡単に事は進みませんでした。 フロントアクスル20Φ化計画~速度表示の誤差範…

フロントアクスル20Φ化計画~速度表示の誤差範囲が判り難い件

先週は桜が満開でした。毎年のことですが満開の桜並木は壮観です。 しかし、週末にかけて天気が悪くなり、強風でかなり花びらが散ってしまいました。勿体無い。折角の週末も気温は低めでお花見には生憎の天気でした。(これも毎年のことのような気がします。…

フロントアクスル20Φ化計画

今年も桜の季節がやって来ました。もうすっかり暖かくなり、外を歩くときもコートは不要になってきました。 こう暖かくなってきたせいか、バイク弄りの虫がムズムズと動き始めました。 今回、バイク弄りの虫が目を付けたのはフロント周り。 私のカタナは異な…

フォークオイルの交換~このスプリングは??

こんばんは。昨日の続きです。 フォークのオイル交換のついでにスプリングも換えてみることにしました。 私の手元にはもう一組GSX-Rのフォークがあり(殆どジャンク品ですが)、そういう訳で、このように二組のスプリングが存在しています。△上側が今まで組…

フォーク・オイルの交換

オイルを入手したので、早速交換作業です。 バイクをジャッキアップし、カウルを外し、ブレーキを外し、ホイールを外し、フォークを取り外します。分解するのはサクサクとあっという間です。(面倒に感じるのは組立の方) まずはフォークキャップ(というか…

フロント・フォークのオイル

セルモーターが壊れていたり、何かとドタバタが絶えない私のバイク・ライフですが、それでも昨年に比べれば大分落ち着いてバイクに乗れているような気がします。 (昨年の今頃は、FCRのセッティングで試行錯誤していて、セッティングを確かめるテスト走行…

ブレーキのエア噛みみたいな事象の原因対処

さて、大騒動になりながらの作業となったベアリング交換の、そもそものきっかけは、バイクを止めた状態でハンドルを左右に切っていると(所謂、“車庫入れ”みたいなことをやっていると)、ブレーキレバーの引き代が異様に大きくなってしまう、ということ。 せ…

ベアリングを注文する

前回からの続きです。 ベアリングがもう寿命である!と結論付けた私は早速ベアリングの入手に取り掛かりました。 ▲図の赤丸で囲っている部品がベアリングです。上側がフロント、下側がリアです。 とは言っても純正部品を注文する訳ではありません。 実はバイ…

カタナのフロント周りのカスタム ~ その他

カタナのフロント周りのカスタムの残りについて書こうと思います。まずはフェンダーについて。私はフォークと同じく89年式GSX-R1100(GV73A)のフェンダーを使っています。同一車種のフォーク+ステムにフェンダーを組み合わせるので、すんなり組み付けられ…

カタナのフロント周りのカスタム ~ ブレーキ編

一応、フロントホイールの組み付けまで書きましたので、その他の細々としたところについて書こうと思います。今回はブレーキ関係です。以前にもちょっと書きましたが、スズキのGSX-Rの1100(86-88)のホイールには、カワサキのブレーキディスク(ZZ-R1100等…

カタナのフロント周りのカスタム ~ ホイールの組み付け

いよいよホイールのフォークへの組み付けです。フォーク、ステム類は90年式のGSX-R1100(型式:GV73A)。一方のホイールは88年式のGSX-R1100(型式:GU74)で、同じGSX-Rという車名ではありますが、違うバイクのパーツの組み合わせとなります。一番の問題は…

カタナのフロント周りのカスタム ~ ホイールについて

さて、ステムとフォークを同じの90年式のGSX-R1100(GV73A)のパーツでそろえたので、次はホイールです。 ホイールもGV73Aにすれば、すんなりカスタムは終了するのですが、残念ながらこれは17インチホイール。 18インチのホイールサイズに拘る私は、同じGSX-…

カタナのフロント周りのカスタム ~ フォーク

ステムの次はフロントフォークです。私は43ΦのGSX-R1100(GV73A)のフォークを選びました。 ▲GSX-R1100の43Φフォーク。既に50mmの延長キットが装着されています。 選んだ理由としては、・310mm径のブレーキローターに対応していること・伸び/縮みのダンパー…

カタナのフロント周りのカスタム ~ ステムについて

カタナのフロント周りのカスタムについて前回は使ったパーツについて書きましたが、其々の細かいところを書いてみます。 今回は、ステム/トップブリッジについてです。 フロントフォークを太さの違うものに変える場合、つまりインナーチューブの径を太いも…

カタナのフロント周りのカスタム

寒い日が続きますね。 とてもバイクに乗ったり、整備をしたりする気になれない寒さです。 そんな訳で目新しいブログのネタが無いので、私のカタナのフロント周り、つまりフォークとかホイール、ブレーキ、ステムにハンドル等について纏めを書いてみようと思…