自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

【バイク】GSX1100S

750カタナと1100カタナの違うところ~ステータ・コイル

ちょっと前にジェネレーターのコードを交換した際、ちょっと興味深い?事が分かりましたので、備忘録として纏めてみました。 ジェネレーター・コイルのコードの交換で発電力アップ??~準備編 - 自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~ ジェネレーター…

ドリブン・スプロケットを変更(16T/42T -> 16T/44Tへ)

カタナのドリブン・スプロケットを交換しました。 磨耗した訳ではありません。ちょっとセッティング変更です。 42Tから44Tの少し大きめのスプロケットにしました。リア側のスプロケットが大きくなったので、減速比は大きくなりました。同じエンジン回転数な…

ジェネレーター・コイルのコードの交換で発電力アップするはずが~組立て&効果の確認編

コードの交換が完了をしたジェネレーター・コイルをバイクに組み込みます。 基本的には分解と逆の手順を行うだけです。マグネットカバーにジェネレーター・コイルを取り付けて、エンジンに組み付けるだけなのですが、このときのマグネットカバーのガスケット…

ジェネレーター・コイルのコードの交換で発電力アップ??~コード交換編

いよいよ外したジェネレーター・コイルのコードを付け替えます。 まず、古いコードを外します。 コードの押さえ(プラスネジで留めているもの)を外し、3本のコードを大胆にバチン!と一気にニッパーで切断します。 コイルに残ったコードの保護チューブを外…

ジェネレーター・コイルのコードの交換で発電力アップ??~分解編

材料が揃ったところで、ジェネレーター・コイルのコードの交換作業に入ります。 実は、750Sカタナに乗っていたときコイルが2度ほどダメになり、交換作業をしていたことがあります。(今年夏の北海道ツーリングでのK氏のCBRと同じとおもわれます) なので、…

ジェネレーター・コイルのコードの交換で発電力アップ??~準備編

少し前にカタナのジェネレーター・コイルのコードの交換をやってみました。 その作業と結果について書いてみようと思います。 以前乗っていた750カタナで何度か発電系のトラブルに見舞われていて、それ以来電気系、特に発電系には気を付けるようにしています…

カタナのユーザー車検(実施編)

いよいよ車検場に向かいます。向かうは「多摩自動車検査登録事務所」。 車検そのものは大した事はありません。いつも終わったときは、簡単だったな~、余裕だ!って思うくらいです。しかし、毎回2年程の時間が開くので記憶が曖昧になってしまうこともあり、…

カタナのユーザー車検(準備編)

早いもので、今のカタナが私の元にやってきて二年が経とうとしております。あっという間と言う感じです。 しかし、感慨に浸っている暇はありません。2年経ったという事は、車検を通さねばなりません。 私は、前に乗っていた750カタナのときから車検は自分で…

夏のツーリングでのカタナの燃費

結構時間が経ちましたが、夏の北海道ツーリングでのカタナの燃費についてまとめてみました。 今年はV-UP16、更にはMSAを装着しており、昨年のツーリングとどう変わるかとても興味を持っていました。ほぼ一定の条件で結構な距離を走るので、燃費という面から…

カタナのフロントタイヤの交換(パイロットロード2 からBT-023へ)

先週の事ですが、カタナのフロントタイヤを交換しました。 今装着しているのはミシュランのパイロット・ロード2(PR2)というタイヤ。 ▲元々はカマボコ型なのですが、タイヤセンターとその両側が減って、三角形型になっています。左側より右側の磨耗が多い…

FCRのセッティング(その9)

北海道をツーリング中にセッティング変更をしたキャブレター(FCR)ですが、現在のセッティングに至るまでを纏めておこうと思います。 改めて振り返ってみて気が付いたのですが、出発前にメインジェット(MJ)を#130 → #128に変更していました。 「FCRのセッ…

ナンバープレートの化粧直しとちょっと機能追加

先週ですが、ちょっとナンバープレート周りの化粧直しを行いました。 ナンバープレーットって意外と柔らかく、プレート単体で留めていると簡単に曲がってしまいます。その保護のためにプレートの下にアルミの板を敷いているのですが、その板を作り直してみま…

FCRのセッティング(その8)

MSAの装着をきっかけに、スロー系の燃調が濃すぎる症状が顕著となってきましたので、キャブレターのジェットを変更し、再セッティングを行いました。 因みに、MSA装着前のセッティングは、 スロージェット : #48 ニードル : #OCEMQ(クリップ:4段) メイ…

マルチ・スパーク・アンプ(MSA)のインプレッション

さて、ようやく取り付けができたマルチ・スパーク・アンプ(MSA)の感想について書こうと思います。 まだ、街乗り程度の走行しかしていないので、ちゃんとした評価を下すにはもっと走り込んでから、と思っています。 もっとも、MSAを取り付ける段階で既にV-U…

ハンドルロックのキーシリンダー交換

MSAやらMOSFETのレギュレーター交換の作業のついでに、以前から懸案となっていたカタナのハンドル・ロックのキー・シリンダーを交換しました。 大抵のバイクは、イグニッション・キーとハンドル・ロックが一体となっているのですが、750~1100のカタナはロッ…

MOSFETのレギュレーター~リベンジ

このところ、カタナの作業はいろいろと立て込んでいて、ブログのネタには事欠かないくらいの状態なのですが、なにぶん、遅筆なものでなかなかUPできないでいました。 遅れを挽回すべく、今日はダブルヘッダー、2本記事を書きます。 MSAの取り付けと並んで…

MSAの取り付け(配線)

さて、いよいMSAの配線です。 V-UP16も付けているので、大分複雑な配線となってきました。 マルチ・スパーク・アンプ(MSA)の配線の仕方は、簡単にいうと、イグナイターとIGコイルを繋ぐラインにMSAを割り込ませる、というものです。それと電源(+12V)と…

まさかこんなところが....カタナのヘッドライトのトラブル

MSAの取り付けで止まっているブログですが、作業自体はその後もいろいろと進んでおりまして、昨日から今日にかけては半田ごてを片手に奮闘していました。 MSAの配線のやり直しやら、いろいろ追加ハーネスを作ってはああでもない、こうした方が良い、とやって…

MSAの取り付け(ブラケット製作と固定)

マルチスパークアンプ(以下、MSA)を装着するにあたり、まずはブラケット作りです。 V-UP16を取り付けている場所に空きスペースがあるので、そこにMSAを収めることにします。 MSAはV-UP16と同じ外観構造。固定は同じ要領で出来るので、同じような構造で、上…

カタナの近代化計画の第二弾

カタナの近代化計画の第二弾です。 レギュレーターの更新を行って挫折し、そちらがまだコンプリートしていないにもかかわらず、今度は点火系の機能強化です。 プラグに火花を飛ばす回数を複数回に増やすユニットを導入します。 プラグのマルチスパーク化 4…

MOSFETのレギュレーター装着、テスト

いよいよレギュレーターをバイクに取り付けます。 元の取り付け穴の位置ではレギュレーターがあちこちに干渉してしまうので、ちょっと工夫しなければなりません。 取り付け方も、ノーマルとは上下逆向きにしてはどうか?とか現物合わせで考えます。 最終的に…

MOSFETのレギュレーターの配線

さて、いよいよレギュレーターの取り付けに向け作業開始です。 このレギュレーター、結構サイズが大きい上にカプラーも大きいので、カタナのノーマルレギュレーターの場所に設置するために、ケーブル側にはカプラーを使わずに配線することにしました。 カプ…

MOSFETのレギュレーターの取り付け検討

届いたMOSFETのレギュレーターは予想より大きかったです。 カタナ純正のレギュレーターと見比べる度に大きさを痛感します。 取り付けネジのピッチがカタナの純正レギュレーターと同じだったので、これは案外簡単に取り付けられるかな?と思い、純正のレギュ…

MOSFETのレギュレート・レクチファイアに換装(パーツ入手)

カタナの近代化改修、MOSFETのレギュレート・レクチファイア(以下、レギュレーターといいます))の続きです。 MOSFETレギュレーター入手 ネットを漁ってみたところ、MOSFET型を採用しているのは、ヤマハのYZF-R1、FJR1300、TDM900、カワサキの ZX-10R、ZZR…

カタナの近代化改修

こんばんは。 バイクとは違う話から始まりますが、...航空自衛隊で使用されているF15イーグルという飛行機は、もう40年位前に設計されたもの。 それがいまだに第一線で活躍で来ているのは、元々の基本性能が優れていたということも大きな理由だとは思われ…

カタナの気付き事項 ~ オイルにNAGバルブにプラグ・ギャップ

先日のツーリングでのカタナの気付き事項を少々。 WAKO'S プロステージS 先々週にエンジン・オイルを交換していますが、本格的に走るのは今回が初です。高速道路やワインディング、街中を交えて600kmくらい走ってきました。 印象的には、前回のオイル交換(…

ドライブ・スプロケットの交換要領

こんばんは。 今回は少し前、3月に行ったスプロケット交換について書こうと思います。 3月にはシーズン前ということでキャブやらセル・モーターやらいろいろとやったのですが、書きそびれていました。 今回の交換は、スプロケットが摩耗したわけではなく、リ…

エンジンオイルを交換(WAKO'S_プロステージS その2)

エンジン・オイルを交換しました。 走っていてエンジン・フィーリングが若干ノイジーに感じるようになってきたのと、シフトのタッチが悪くなってきたような感じがしてきたので、そろそろ頃合いと判断しました。 オイルは以前の記事でも書いたWOKO'Sのプロス…

フォークオイルの交換~このスプリングは??

こんばんは。昨日の続きです。 フォークのオイル交換のついでにスプリングも換えてみることにしました。 私の手元にはもう一組GSX-Rのフォークがあり(殆どジャンク品ですが)、そういう訳で、このように二組のスプリングが存在しています。△上側が今まで組…

フォーク・オイルの交換

オイルを入手したので、早速交換作業です。 バイクをジャッキアップし、カウルを外し、ブレーキを外し、ホイールを外し、フォークを取り外します。分解するのはサクサクとあっという間です。(面倒に感じるのは組立の方) まずはフォークキャップ(というか…

フロント・フォークのオイル

セルモーターが壊れていたり、何かとドタバタが絶えない私のバイク・ライフですが、それでも昨年に比べれば大分落ち着いてバイクに乗れているような気がします。 (昨年の今頃は、FCRのセッティングで試行錯誤していて、セッティングを確かめるテスト走行…

クランプ・メーターで電流測定

気になる事象はセル・モーターの交換であっさり解決してしまいました。 クランプ・メーターであれこれ調べる必要はありませんでしたが、折角なので発電量や消費電力を測ってみました。 因みに使い方ですが、電流を測るときは黄色い洗濯バサミみたいなものに…

セル・モーターの故障について

前回書いた作業で故障していることが発覚したセル・モーターですが、早速分解してみました。 ▲左側が予備で持っていたモーター。右が不良のモーターです。取り付け寸法は同じですが、ちょっと形状が違います。確か、以前乗っていた750S2カタナに着いていたも…

セル・モーターの回転不良の原因(探求編)

前回の続きです。 まずカタナの電気系を簡単に整理してみます。 発電系とバッテリー、セル・モーターなんかの関係はこんな感じです。 エンジンが掛かっているときは、ステータ・コイルで発電した電気をレギュレート・レクチファイアで12V(実際には14.5V位)…

セル・モーターの回転不良の原因は?

先日、クランプメーターなるものを入手したことを書きましたが、その購入動機となったカタナのトラブルについて書こうと思います。 しかし、まぁこんなにトラブルが出てくるものです。 今年は春先にやったメンテナンス以降は平穏なバイクライフが送れると思…

クランプメーターでバイクの健康診断

クランプメーターというのを買いました。 要は電圧や電流を測るテスターなんですが、電流は黄色いハサミのような輪の中にケーブルを通すだけで測れるので、とっても楽です。普通のテスターでは配線をちょん切って直列にテスターを接続しなければならないです…

ブレーキのエア噛みみたいな事象の原因対処

さて、大騒動になりながらの作業となったベアリング交換の、そもそものきっかけは、バイクを止めた状態でハンドルを左右に切っていると(所謂、“車庫入れ”みたいなことをやっていると)、ブレーキレバーの引き代が異様に大きくなってしまう、ということ。 せ…

シフト・チェンジが調子悪かったけど

このところ、カタナで走っているときに、たまにギア・シフトの調子が悪くなることがありました。 シフト・アップのときにシフトペダルが戻ってこなくてそれ以上のシフト・アップが出来なくなることがあるのです。 どんな感じかというと、 信号待ちから発進す…

ベアリング交換のまとめ

この度のベアリングの交換作業、長々と書き散らかしてしまったので、ちょっと振り返って纏めてみたいと思います。 ベアリング交換の効果は? まだ十分に走っていないので何とも言えないのですが、劇的に良くなった!と感じることは無いのが正直なところです…

ベアリングの交換作業~後輪編

フロントホイールのベアリング交換を行った翌日、リアホイールの方の作業を行いました。(結局二日がかりの作業になってしまいました) フロントホイールのベアリングが予想とは裏腹に良い状態だったので、リアホイールのベアリングを交換する必要があるのか…

ベアリングの交換作業~前輪編

自作の治具で見事にベアリングの抜き取りに失敗し、市販のベアリング・プーラーを購入したところからの続きです。 買い物を済ませてトンボ帰りをしたので、家に付いたときはまだ日没まで十分に余裕がある時刻。早速ベアリングの抜き取り作業を再開しました。…

ベアリングの交換作業~挫折

前回のベアリング抜きの治具を製作したところからの続きです。今回も引き続き失敗談です。 ▲このベアリングを引き抜かなければなりません。 何とか治具の準備ができたときは午後2時で、すっかり時間が押してしまいました。 前準備でこんなに時間がかかって…

ベアリング抜きの治具作成(無意味な努力)

桜の花が咲くこの時期、梨の花も見事な花を咲かせます。 これは近くの梨畑なのですが、こんな風に見事な咲きっぷりです。 果実だけではなく花も見事です。最近になって気が付きました。 ベアリング抜くツールをどうするか? さて、ベアリングの注文は終わっ…

ベアリングを注文する

前回からの続きです。 ベアリングがもう寿命である!と結論付けた私は早速ベアリングの入手に取り掛かりました。 ▲図の赤丸で囲っている部品がベアリングです。上側がフロント、下側がリアです。 とは言っても純正部品を注文する訳ではありません。 実はバイ…

ブレーキのエア噛みだと思っていたのに実は意外な原因が

桜の咲きっぷりが見事です。 私の住んでいるところは割と桜が多いようで、あちこちで桜の花が楽しめます。 こちらは先日の土曜日に撮った桜です。 特に桜の名所というわけではありませんが、とても壮観な眺めであります。 しかし、この後だんだんと天気は崩…

バイクのボルトのはなし

今回はブレーキ・キャリパーの取り付けボルトを注文した話です。 地味かつマニアックというかマイナーな題材で恐縮です。先日のキャリパーのOHの際、ブレーキの取り付けボルトがだいぶ錆びていて、ネジ山も傷んでいるものもあったので交換することにしまし…

春のプチ・ツーリング 江の島~三浦半島

先日の土曜日は天気も良かったので、バイクを走らせてきました。 江の島から三浦半島をグルッと回って走ってきました。 昨年の秋以来の江の島ですが、やはりここは気持ちが良いですね。今回、江の島ではちょっと一休みしただけでしたが、そのうちのんびりと…

IGコイル昇圧の再チャレンジ~V-UP16の導入(その4:ガソリンタンクの固定方法)

V-UP16の取り付けに伴い、ガソリン・タンクの固定方法を少し変更しました。ノーマルでは上側から長めのボルトで留めていたのですが、V-UP16の取り付けブラケットを固定するため、下側から長いボルトを突き出すようになっています。まずアンダーのゴムの台座…

IGコイル昇圧の再チャレンジ~V-UP16の導入(その3:取り付け編)

先日の休みの日にいよいよV-UP16の取り付けを行いました。 まずはブラケットをバイクに取り付けます。 どのように固定するかというと、ガソリン・タンクを留めている2つのボルトの穴を利用します。 ボルトを抜いてタンクを外すと、このようなネジが切られた…

IGコイル昇圧の再チャレンジ~V-UP16の導入(その2:ブラケット製作)

V-UP16の装着。今回は取付け用のブラケットの製作です。 実は、とっくに製作していたのですが、遅筆とブログネタになりそうなバイクのメンテナンス等が沢山有った為、今頃の掲載となりました。 CADソフトで製作図面を書き、その図面に基づいて作っていく…