自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

スキー

志賀高原の宿~発哺温泉「スイス・イン」とオートバイ

前回紹介したようにちょっとした難所を越えた先にホテル「スイス・イン」はあります。 名前のとおりスキー場、高原に似合う外観の建物です。 建物はパッと見のイメージよりも館内はずっと広く、そのキャパシティを生かして修学旅行のスキー団体客の利用が多…

志賀高原の宿~発哺温泉「スイス・イン」

こちらは志賀高原の一の瀬エリアから少し離れた発哺(ほっぽ)温泉にあるホテルです。 ホテルの前に発哺温泉の場所について紹介しておきましょう。 発哺温泉は志賀高原の中央エリアの真ん中にある温泉で、東館山スキー場と西館山スキー場の間、中腹辺りにあ…

志賀高原の宿~「ホテル ジャパン志賀」

「ヴィラ・一の瀬」の隣にある瀟洒な外観のホテルです。 このホテルはスキー置き場が充実しています。 部屋毎にラックが割り当てられているのではなく好きに使って良く、またラックの数も十分にあるので、板を何本も持ち込む場合にはありがたいです。また鍵…

志賀高原の宿~「志賀高原 ヴィラ・一の瀬」

1Fはコンビニとレストラン(ホテルとは別)でホテルの入り口は階段を上がって2階にあるという建物の造りです。洒落た造りですが、重い荷物があるとちょっと大変でした。 スキー置き場はコンビニの奥のほうにあり、部屋ごとのロッカーが置かれてます(ホテル…

志賀高原の宿~「ホテル マウント志賀」

かつてインゲマル・ステンマルクが宿泊した事もある宿です。 ロビーというか談話室にそのときの写真が飾られています。長野五輪前後の頃だそうです。写真について宿のご主人に訊いたところ当時の事をいろいろと話してくれました。 泊まった客室は洋室(ベッ…

志賀高原のスキー宿

私が志賀高原でのスキーが好きなのはゲレンデの豊富さや雪質の他に宿泊施設があります。 ゲレンデのすぐ横にホテルが建ち並んでいて、歩いて直ぐにゲレンデへ出られるという素晴らしい環境 です。 このように朝8時頃になると通りには板を抱えてゲレンデに向…

志賀高原の極楽ナイタースキー

今年の冬はスキーに熱中しております。 毎年冬はスキーを嗜んでいましたが、今年は特別強化シーズンと位置付けし、時間とお金、情熱、全てのリソースを注ぎ込んでおります。 二本の板を足に付け、板をコントロールし身体のバランスを取りながら雪の斜面を滑…

スキーの滑走面の補修

先日、近場のスキー場でナイタースキーをしていたとき、片方のスキーがガッと何かに引っかかったような感触が。 小石か木の枝を踏んでしまったようです。土とかが出ていたところはちゃんと気にして避けていたんですが。もう1月だというのにやはり今シーズン…

スキー・ジャンプ週間と日本人選手 ~ 小林陵侑 快挙!!

年末年始にドイツとオーストリーの4つのジャンプ競技場で行われるスキー・ジャンプの「ジャンプ週間」(Four Hills Tournament)で小林僚友選手が総合優勝しました。しかも4試合全てで優勝するという快挙。 スキー・ジャンプ競技が大好きな私としては大変…

スキーのカスタムフェアと「私をスキーに連れてって」

うだるような猛暑の日々が続く中、季節的には全くミスマッチなスキーの話しです。 石井スポーツが主催するスキー用品の新製品の展示、予約購入会である「スキーカスタムフェア」に行ってきました。 カスタムフェアは、札幌から始まり東京(有明)、仙台、松…

春スキー と 志賀草津道路

東京でも気温が27℃になるとの予報が出た土曜日、春スキーをしに長野・渋峠へ行ってきました。 丁度、前日から冬季間閉鎖の国道292号の志賀草津道路が開通したので、群馬県側から下道で渋峠に向かいました。 志賀草津道路は「雪の回廊」が有名で、それも楽し…

スキーのメンテナンス台を改良

自作したスキーのメンテナンス台、なかなか良いです。スキーのワックスがけとかとても楽になりました。 ただ、出来上がったものは畳んでも意外と大きい。フレームの長さ134cmってイメージしていたより長いな、と感じました。 もう少し短くてもスキーのメンテ…

スキーのメンテナンス台を作ってみました

このところ熱心にスキーに行くようになり、スキー板のメンテナンスをやる機会も増えてきました。滑走面のワックスがけ、エッジの手入れなど。 オートバイの整備と同様、私はこういう作業が好きなようです。 メンテ作業は、椅子を二つ並べてそれにスキーを橋…