読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

2014年 北海道ツーリングの日記~3日目その2~嵐の前

 野付半島を後にし、R244で根室に向かいます。

 天気は相変わらず薄曇りですが道が素晴らしい。長い直線道路が続き交通量も少ないので、気持ち良く走れます。こんな道路をチンタラ走っていては勿体ない。とはいえ、取り締まりにも注意しなければならないので、先を走るSも若干控え目なスピードに抑えているようです。

 やがて、バックミラーに遥か後方のバイクのヘッドライトが映り始めました。まだ遥か数百メートル後方ですが、徐々に近づいているようです。こういうのも北海道ならでは。やがて、CB1300SFが追い抜いて行きました。本州ナンバーでツーリング中のようです。

 これは丁度良い。

 当然のようにSも付いていきます。たまに現れるクルマをパスしながら3台で高速クルージングが始まりました。実に気持ちが良い。

 そうしているといつの間にか我々の後ろに地元ナンバーのランドクルーザーがピタリと付いていて、バイク3台とランドクルーザー1台による高速巡航となりました。
関東ではありえない状況です。

 ...しかし、走っても走っても根室が近づいてこない。

 どうも見通しが甘かったようです。北海道の道が空いていて距離を稼ぎやすい故に、地図をみて距離を測る感覚がおかしくなっていました。
 北海道の道東部の広域地図をみて、しっかり距離を計算もせずに根室を“すぐ行けるでしょ!”と判断していたのですから。

 それに、ひたすら真っ直ぐな道路やいつもより速い巡航速度に中途半端に慣れると、距離感覚や移動時間の感覚が狂うような気がします。

 結局、根室に着いたのは13時をかなり回ってから。
 おかしい。根室には12時頃には着いているイメージだったのに。


 昼食は、根室名物のエスカロップを食べることにしました。しかし、エスカロップの元祖という「ドリアン」というお店に向かいましたが、昼食時+お盆+お祭りが開催、という条件が重なったせいか、お店は長蛇の列。時間にあまり余裕が無いので、諦めて「花まる」という回転ずしで寿司を食べしました。
(個人的な感想ですが、美味しかったけど、ちょっと物足りなかったかな??期待が大きすぎたかもしれません。)


 食事を済まして納沙布岬に向かいます。

 天候は相変わらずで、霧が出てきました。気温も更に下がって寒い。
以前、晴れた日に走った走ったときはとてもきれい景色で走っていて気持ちが良かったのですが、今回はひたすら耐える走りが続きます。


 ようやく納沙布岬に到着。

f:id:sword749:20140810144911j:plain

f:id:sword749:20140810151219j:plain

 

 

 天気のせいか、観光客が少なくてなんか寂びれてしまった感じです。たしかもっと土産物店や食堂があったはず。

 

f:id:sword749:20140810145133j:plain

f:id:sword749:20140810151209j:plain


 ここで焦り始めたのがS。今回のツーリングに出るにあたり、奥さんからはちゃんとお土産を買うように言われていたようで、昨日から何か良いお土産になる物は無いか?と気にしていました。

 ここで良いお土産を買えると当てにしていたらしいのですが、土産物屋の品揃えが今一つ。根室や最東端の岬を売りにした御当地ならではの品が無い。

 血迷ったのか、Sが買ったのは昆布餅(といったかな?)とかいうお菓子なんですが、買った途端に後悔していました。会計した時に試供品をくれたそうで一つ頂いてみると、美味しいのだけどいわゆる駄菓子屋の味。これで奥さんが納得してくれるのか?と訊くと、とても無理だ、と頭を抱えていました。

 

f:id:sword749:20140810150546j:plain

f:id:sword749:20140810151106j:plain

 

 何となく盛り上がりに欠けたまま帰路につきます。相変わらず霧が立ち込め、寒く辛い走行が続きます。

 お祭り渋滞の根室市街を抜けて、道の駅「スワン44ねむろ」に着いたときはもう午後の4時。

 予定では、太平洋側に出て海沿いの景色を楽しむ予定でしたが、時間的な面と天候から、今回は諦めることにしました。

 後はキャンプ地へ向けて走るだけ。R243をひた走ります。

 根室に来るときに走ったR244も良かったけど、このR243もすごかった。別海町を過ぎた辺りからだったと思いますが、牧草地帯に真っ直ぐに伸びた直線道路が地平線まで続いています。

 道北・サロベツ原野の道道106号線に匹敵する直線路ではないかと思います。多分、ライダー達が思い描く北海道の景色、道路に一番近いのではないかと思います。晴天ならばどんなに良かったことか...(天気が今一つだったので、写真は撮っていません)


 何とか雨に降られずにキャンプ場に着きました。


 しかし、何か様子がおかしい。ファミリーキャンパーのテントの数が少ないのです。お盆時期なら隙間無くビッシリとテントが張られていると思っていたのですが、昨日の2/3くらいの数に減っています。水場近くの一等地にもテントが張られていません。バイクの数ももう少し多くてもいいはずです。

 そういえば...知り合いから、“雨でぐしゃぐしゃでもテントで寝るのでしょう?ある意味エベレストチャレンジみたいですね!!” というメールが来ていました。一体何を言ってるんだ?と思っていたのですが...

 実はこのとき、台風の影響で全道的に大荒れになるとの予報が出ていたのですが、我々は梅雨知らず。まだ1mm~2mm程度の雨がちょっと降るだけだと思っていたのです。


 今日の夕食はカレー。持参した米を炊き(これが完璧に炊けました)、暖めたレトルトカレーをかけただけですが、これが美味しかったです。

 それと、豚串の冷凍パック。昨年も此処で食べてとても旨かったのです。

 しかし、一年が経つのは早いものです。

 

f:id:sword749:20140810202018j:plain

f:id:sword749:20140810202553j:plain


 途中から雨が降り出したので、私のテント(STACY)の前室に移動。

f:id:sword749:20140810205829j:plain


 食事を終えた後も雨が止む気配が無いので、今夜は早めに寝ることにしました。

 

<本日の走行ルート>

 走行距離:382km