自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

またしてもカタナにトラブル

 昨日の日曜日、カタナでちょっと走りに行ってきました。

 良い天気で気温も暖かくタイヤのグリップも感じられ、気持ち良く走っていたのですが....

 途中で何気なくフロントタイヤ周りに目をやると、左側のブレーキ・キャリパーがしっとりの濡れているのに気が付きました。

f:id:sword749:20150426090508j:plain

 

 ブレーキホースのバンジョー辺りからフルードが染み出ているのでしょうか?ガスケットの不良かな?

 しかし、よく見るとキャリパー全体、バンジョーより上(一番上部)から下まで万遍なくオイルらしきもので湿っています。

 これはおかしい。

 バンジョー辺りから漏れているのではなく、もっと上から何かが垂れてきているのではないか?そう思いながら視線を上に移すと...

 あっ!

f:id:sword749:20150426090527j:plain


 フロントフォークからオイルが漏れているようです。どうやらオイルシールがダメになったようです。

f:id:sword749:20150426095941j:plain
▲漏れたオイルにホコリが付着してこのとおり。

 

 こうなるとフロントフォークのOHをしなければなりません。

 が、このフォークでオイル漏れは3回目。修理も手馴れたものです。

 順調なら2~3時間もあればできるはずです。部品代やオイル代もそれほどの金額ではありません。ただ、整備で手を汚さねばならないのが面倒に感じます。

 しかし...ここでいろいろな考えが頭をよぎりました。

 せっかく面倒な整備をするのだから、単にオイルシールの交換だけで済ますのはもったいない。

 この際だから、前から気になっていたフォークのインナーチューブの再メッキもやってしまおうか・・・

 ただ、そうなると作業着手はGW明けという事になります。まぁ、GWはツーリングの予定を組んでいた訳では無いですが。どこも渋滞していますしね。

 なので、トラブル発生でもそうガッカリしている訳ではありません。


 うーん、しかし、今年は平和にカタナに乗れると思っていたのですが、なかなかそうも行かないですね。

 

 

 さて、折角なので出掛けた先の写真を。

 行った先は大黒の海釣り公園。釣りをしに行った訳では無く、ちょっと海でものんびり眺めに行っただけ。静かでのどかなところなんです。

 

※公園の手前は輸出入の自動車の保管場所のようで、VWがズラリと並んでいる様は壮観でした。

f:id:sword749:20150426110451j:plain
▲最初は妙なツートンカラーだな、と思いましたが、ボンネットやフェンダー、ルーフの白は保護フィルムのようです。

 

f:id:sword749:20150426110722j:plain

f:id:sword749:20150426111326j:plain

f:id:sword749:20150426111503j:plain

f:id:sword749:20150426112710j:plain

 

 と言う事なので、そのうちフォークのOHの記事が載ることになると思います。

 では。