自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

ミラーの振動対策

  今年春に取り付けたナポレオンの「バレンクラシック」ミラー。

  低めのフォルムはカタナに似合うしミラーの見易さもまずまずで気に入っているのですが、走行中の振動でミラーが見難くいことが気になってきました。さらには振動でミラーが垂れ下がってくることも。

  元々カタナはエンジンの振動が多いバイク。エンジン回転が4,000あたりになると振動が増えてきて、かなりミラーがブレてきます。それに加え、どうもこのミラーは角度調整のボールジョイントが緩いようです。

  ということで、ちょっと対策を講じてみました。

  まずは、ボールジョイントの部分にパーツクリーナーを吹きかけて脱脂。
  結果は多少マシになったかな?という程度。


  次にホームセンターで見つけたゴム製のワッシャー。これを振動の緩衝材として付けてみます。

f:id:sword749:20150731122943j:image

  10mm径のものをミラーの付け根に部分に挟みます。

f:id:sword749:20150731123030j:image
▲ゴムワッシャーを二枚挟んでみました。



  更にミラー本体側とアームのジョイント部分にも薄いゴムワッシャーを挟んでみました。(こちらは8mm径)

f:id:sword749:20150731123227j:image
f:id:sword749:20150731123128j:image
f:id:sword749:20150731123245j:image▲ゴムワッシャーの分、少し結合部分に隙間が出来ています。


  これでミラーに伝わる振動が減れば問題は改善されるはず。


  試し乗りした結果は大分効果を感じられるものでした。が、完璧とは言えず。

  特に、左側のミラーのボールジョイントがかなり緩くて、直ぐに垂れ下がってしまいます。これは振動の少ないバイクでも厳しいのではないか、と思えるくらいです。


  こうなると、他に思いつくの対策はボールジョイント部に瞬間接着剤を流して固めてしまうくらい。

  まぁ、一度角度を合わせてしまえば変更することはまずないので試してみようと思います。