読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

2015北海道ツーリング・リベンジ~二日目

2015年北海道ツーリング

 8月8日土曜日 AM三時半くらい。

 何となく穏やかに目が覚めました。周りでは既に起床している人が多いようで、静かだけれど人の動きが感じられます。

 しばらくすると静かな館内放送のBGMが流れ始め、そのうち入港予定時刻を知らせるアナウンスも流れ始めました。多分、目覚ましを兼ねているのでしょう。


 小樽港への到着時刻はAM4:30で定刻のとおり。自分も身支度を始めます。ジーンズに着替えて、顔を洗い歯を磨き、荷物を纏めてフロント受付があるホールに移動。

 

 天気予報によると、今日と明日は雨の心配は無く全道的にまずまずの天気らしい。

 

f:id:sword749:20150808044610j:plain▲窓越しの小樽港。不鮮明なのは窓が曇っていたため。

 

 

 着港の10分くらい前から乗用車の乗客の車両甲板への案内が始まり、着港すると徒歩で乗船した乗客の下船。ホールには2輪(自転車含む)のライダーのみとなりました。コンタローの姿も見える。

 みな静かに下船開始を待っているけれど、いよいよ北海道でのツーリングが始まるということで何となくそわそわしているように見えます。

f:id:sword749:20150808045120j:plain

 

f:id:sword749:20150808045139j:plain▲外のデッキへの出入り口は締め切られていました。保安強化のためでしょうか。以前は下船を待つライダーとかがデッキから外の景色を眺めたりしていたのだけれど。

 

 やがてライダーの車両甲板への案内が開始。一列になって整然と廊下を進み、狭い階段を早足で降りていきます。

f:id:sword749:20150808051234j:plain


 車両甲板に降りるとそれぞれのバイクに向かい荷物を積み直し、準備の出来た人から下船です。

f:id:sword749:20150808051746j:plain

 

 バイクのエンジン音が次々と響き、テンションが上がります。

f:id:sword749:20150808052607j:plain

f:id:sword749:20150808052757j:plain

 

 

 フェリーから降りたら一旦路肩に止まって、荷物の固定具合を再点検。コンタローも下りてきました。

 今日は予定通り日本海側を北上して稚内宗谷を経由して猿払までいく事にします。コンタローは真っ直ぐ中標津の開陽台に向かうそうです。いつもキャンプしているところです。

 

 ではお先に、と挨拶して出発。早朝の小樽の街を走り抜け、目についたGSでガソリンを満タンに。ガソリンを満タンにしていよいよ北海道のツーリングがスタートという気分になります。

 

 ところで、今年の旅のモットーは「無事此れ名馬」。

 無事故はもちろん、ノン・トラブルで走りきること。途中で余計な整備などしなくて済むように。ドタバタは去年と一昨年でもう十分。今年は走ることに集中したいです。

 

 


 毎度のことながら空は薄曇りで少し肌寒い。もう少し時間が経てば青空が見えてくるはず。暫くは交通の流れに乗ってゆっくりと走る。

 

 1時間近く走ったところで目についたセイコーマートで1回目の休憩。缶コーヒーを飲んで一息。他にツーリング中らしいバイクが2台いたけれどそれぞれスマホに目を落として自分の世界に入っているので、挨拶することもなくそのまま出発。ちょっと詰まらない。

 

 このころになると対向車線を走ってくるツーリング中のバイクの姿もボチボチ見え始め、ツーリング初のピースサインも交わします。

 

 浜益村に入ると「千本ナラ」という案内板が見えてきた。こういうのがあるなんて知らなかった。15km程あるらしい。往復で30km。少し時間を費やすけどちょっと寄ってみることにしました。一人旅だと気ままに寄り道が出来るのが良いです。

f:id:sword749:20150808075415j:plain

 

 正直言って千本ナラというのはちょっと気味が悪かったです。ちょっと異様に感じました。それに周りにはなにも無い山の中で、熊でも出てきそうな気がしてさっさと引き返しました。

f:id:sword749:20150808075539j:plain

 

 


 浜益村のセイコーマートで再び休憩して朝ごはん。目の前の海岸がキャンプ場なので、早朝からお客さんで賑わっています。休憩に立ち寄るバイクも多いです。多分同じ便のフェリーで上陸したライダー達でしょう。

 

f:id:sword749:20150808081225j:plain▲朝食はコンビニで買ったおにぎり(筋子、シーチキン)と卵焼きとウーロン茶。キャンプ場のベンチで食べました。

 


 だんだん天気は良くなってきて調子よく国道231号を北上。いくつかの町を通過して「増毛町」の標識を見たとき、どんな町なのだろう?と興味がわき、国道を外れて街中に進みました。

 「増毛駅」の標識に従い進んでいくと少し町外れにある駅に到着。古い木造の小さな駅舎。改札も見当たらないし、ホームにはどこからでも出入り可能なので路線は廃線になっているのかな?と思ったけどちゃんと現役らしい。

f:id:sword749:20150808100134j:plain

f:id:sword749:20150808100327j:plain▲ダイヤはこのとおり。

 

f:id:sword749:20150808100104j:plain

 

 

 ここは高倉健主演の「駅~STATION」のロケ地らしい。古く味のある建物が多いです。

f:id:sword749:20150808091653j:plain

f:id:sword749:20150808091854j:plain

f:id:sword749:20150808095649j:plain

f:id:sword749:20150808094915j:plain

f:id:sword749:20150808092206j:plain
▲これは重要文化財の「旧商家 丸一本間家」だそうです。まだ開館していなかったので外から覗いてみました。

f:id:sword749:20150808092445j:plain

f:id:sword749:20150808092457j:plain

 

 自分はこういう古い建物の街並みに惹かれるほうで、街中の造り酒屋まで歩いてみることにしました。

 

f:id:sword749:20150808094851j:plain


 この「國稀酒造」(くにまれしゅぞう)は日本最北端の造り酒屋とのこと。酒屋の中は見学可能になっていて仕事中の従業員の人も「こんにちは」と挨拶してくれて居心地の良い(という表現は変だけど)ところでした。

f:id:sword749:20150808092843j:plain

f:id:sword749:20150808092926j:plain

f:id:sword749:20150808093336j:plain

f:id:sword749:20150808093733j:plain

f:id:sword749:20150808094119j:plain

f:id:sword749:20150808094152j:plain


 せっかくなので小瓶の酒を買いました。今日のキャンプのお楽しみ。

 

 


 駅に戻ると札幌ナンバーのホンダのXL250Rのパリ・ダカール モデルが2台止まっていました。確か1982年の頃のモデルのはず。大きなガソリンタンクが格好良い。こんな感じのバイクが新車であったらちょっと欲しいかも、と思う。

f:id:sword749:20150808095810j:plain

 

 乗っているライダーも70歳位のベテランの方たち。ちょっと話を聞いたら片方は新車で購入してずっと乗っているそう。かなり古いバイクだけど札幌にはもう1台がいるらしい。

 二台のXL250Rが出発した後、自分も出発。

 

 結局、駅舎をちょっと見るだけのつもりが、増毛の町には1時間近く居ました。全く予定外だったけど寄って良かったと思いました。