読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

2015北海道ツーリング・リベンジ~8日目(終着・苫小牧港)

 美瑛から富良野へ。上富良野からは国道と並走する農道(といっていいのかな?)を走ります。

 農道といっても対向二車線のしっかりとした道。広い畑の真ん中を碁盤の目のように真っ直ぐきれいに伸びていて、交通量の多い国道を走るよりも気持ちが良い。

 

 富良野に着いたのは12時半。

f:id:sword749:20150814122740j:plain▲バイクの向こう側は富良野駅。昔と違ってずいぶんと立派な駅前になりました。

f:id:sword749:20150814122834j:plain

 

 バイクは駅前の道路の路肩に停め、散歩しながら適当な食べ物屋さんを探して歩く。

 富良野の街もなかなか趣きがあります。

f:id:sword749:20150814123334j:plain▲この建物は現役の医院です。

f:id:sword749:20150814122955j:plain

f:id:sword749:20150814123021j:plain

f:id:sword749:20150814123058j:plain

f:id:sword749:20150814123409j:plain

f:id:sword749:20150814123504j:plain

 

 さっきソフトクリームとトウキビを食べたばかりであまりお腹は空いていない。

 軽くカレーでも、と思い「魔女のスプーン」という奇抜な外観が目を引くカレー屋さんに入り、「チーズスープカレー」を頼みました。

f:id:sword749:20150814125941j:plain

f:id:sword749:20150814123514j:plain▲隣も老舗のお店のようです。

 

 

 料理が出てくるまでちょっと奇抜な店内(古いポスターが貼られていたり、古いおもちゃが並べられていたり)を眺めて待ちます。こうして料理を待つ時間というのも悪くないものです。

f:id:sword749:20150814123917j:plain

f:id:sword749:20150814125029j:plain

 

 出てきたカレーはちょっと控え目なボリューム。普段ならもの足りないところだけど今は丁度よい量でした。

f:id:sword749:20150814124253j:plain

 


 昼食の後、もう一度麓郷に向けてバイクを走らします。

 目的は昨日も買った200円のメロン。リアシートのバッグにはメロン一個くらいなら入る余裕があるので最後の土産物として買って帰ろうと思ったのです。フェリーで一昼夜置いておかねばならないけれど、そのくらいなら大丈夫なはず。

 お店の人に、バイクに積むのでビニール袋を二重にして、と頼んだら、“それなら新聞紙に包んであげようか”、とわざわざ新聞紙を持ってきて包んでくれました。

 

f:id:sword749:20150814134317j:plain

f:id:sword749:20150814134234j:plain▲驚愕の安売りはメロンだけではありませんでした。

f:id:sword749:20150814133959j:plain▲思わずニッコリしてしまうような良い天気、良い景色でした。

f:id:sword749:20150814134330j:plain▲ここから奥の方には「北の国から」の“石の家”があります。

 

 土産物も買ったし、後は苫小牧に向かってひだ走るだけ。国道38→237と進みます。

 晴天だった空が少しずつ曇り空に変わっていった事もあり、関東では考えられないくらい快適に走っているにも関わらず、ちっとも楽しくない。ツーリングの終わりに向け淡々と走ります。


 占冠の道の駅で休憩。北海道ご当地のハスカップ味の「いろはす」で喉を潤す。これを飲めるチャンスもあとわずか。

f:id:sword749:20150814145734j:plain


 休憩しつつ、天気の状況をチェックすると、この先では雨が降っている模様。周辺はまだ雨の気配は無いけれど、カッパを着て出発することにする。

f:id:sword749:20150814152425j:plain▲雨の気配は有りませんでしたが、進行方向である右方向は黒い雲が張り出していました。

 

 雨が降っていない状況でカッパを着こむのはなんだか変な気分がしたけれど、道の駅を出て200~300mも走ったところで前方に水煙のような妙なものが目に入ってきました。

 よく見ると大雨が降っていて、雨の境目がはっきりしていてまるで雨のシャワーカーテンのよう。その上空は黒い雨雲。

 予想もしていなかったスコールのような雨に戸惑いながら雨のシャワーに突入。カッパ越しにバチバチと雨粒を受けながら走る。中途半端な雨よりこのくらい強い雨の中を走る方が逆に清々しいです。

 

 国道274号と交差するところで、どっちのルートで進むかちょっと迷う。去年と同じくこのまま真っ直ぐ国道237号を進むか、国道274号を通って夕張経由で行くか。

 同じ道もつまらないので夕張経由にしようかと考えたけれど、こっちは細かいコーナーが続く道。雨天であるので安全を優先して真っ直ぐ進むことにする。

 

 雨は太平洋沿岸に近づくにつれ弱くなってきて平取町を過ぎると完全に上がりました。

 やがて太平洋側沿岸に出て国道235号にぶつかると旅もいよいよ残り僅か。目に付いたセイコーマートで最後の休憩。陽が傾き始め他のライダーの姿も見えず黄昏れた気分で缶コーヒーを飲む。

f:id:sword749:20150814170300j:plain

 

 ここまで来ると今までに比べ道路の交通量も増えてきて“ツーリング”という雰囲気もかなり薄れてきます。

 苫小牧市に入って少ししたところで、対向車線のライダーからピースサイン。これがこの旅最後のピースサインかな、と思いながらサインを返す。(実際そのとおりとなりました)


 車線が増え混雑してきた道を港に向かって進む。クルマと並走することなど無い日々が続いていたので、周りのクルマに注意ながら走ることがなんだか新鮮に感じます。

 

 港入り口近くのガソリンスタンドでガソリンを満タンにし、セイコーマートで買い出しをしてフェリーターミナルに着いたのは17時半を少し回ったところ。

 7日間無事に走りきることが出来、ホッと一息。

 

 乗船手続きを済ませ、フェリーに乗船して着替えをしてデッキに出て、サッポロCLASSICを飲みながら遠ざかる夕暮れの苫小牧の景色を眺めました。

f:id:sword749:20150814175951j:plain

f:id:sword749:20150814191220j:plain

f:id:sword749:20150814191213j:plain

f:id:sword749:20150814191830j:plain

 

 <終わり>

 

  本日の走行距離: 298.2km