自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

LEDバルブとランプについて

 先日の車検を通ったLEDバルブ+マルチリフレクターランプについて。

 

 これが今回購入したもの。所謂ノーブランド品で、正直いってややチープ感を感じる質感ですが、カウルの中に組み込んでしまうので気にはなりません。値段相応でしょうか。

f:id:sword749:20161003204556j:plain

f:id:sword749:20161003205514j:plain

 

 こちらが今まで使っていたRAYBRIGのランプ。

f:id:sword749:20161003205131j:plain

 

 フレクターのカットが結構違います。特にRAYBRIGには上下部に波状の凹凸(赤丸部分)があるのが目立ちます。

 

 全面の透明レンズ部分はRAYBRIGは樹脂製で、今回購入品はガラスです。(なので重さが違います)

 

 

 因みにこのレンズ、余計なフレームが付いているのでこれは除去します。固定しているツメをドライバー等で起こしてやれば簡単に外れました。

f:id:sword749:20161003220413j:plain

f:id:sword749:20161003220427j:plain

 

 

 

 

 このランプに組み込んでいるLEDバルブはこちらです。

 

 購入価格は6,500円でしたが、今は販売されていないようです。(スペックは以下のとおりです)

LEDバルブ形状 : H4HiLo
LEDチップブランド: PHILIPS社製LUXEON MZ
全光束(Lm) : 3000/2500Lm
ケルビン値 : 6500K
電源 : DC12V/DC24V

  商品説明のQ&Aの中では車検には非対応と書かれていました。

 

 

 

 ライトの照射具合の変化はこんな感じです。まずロービーム。

 【Before】

f:id:sword749:20161005203051j:plain



 【After】

f:id:sword749:20161003211042j:plain

 

 うーん、この写真で見ると【Before】、つまりREYBRIGのランプの方が良いように見えちゃいますね....新しいランプ【After】の方は光が分離していますし。

 

 実際にはREYBRIGの方が光の拡散が大きく、そしてフレアというのか光が縞模様に拡散しています。

 特に手前部分に余計な光が照らされている(拡散している)のが気になっていました。(地面に縦に二本の線が引かれている辺り。赤線で囲った辺りです)

 このこの余計な光が新しいランプではかなり抑制されていて、また光の縞模様もかなり改善されて均一な光になっております。

 

 続いてハイビーム 。車検で見られるのはこちらです。

 【Before】

f:id:sword749:20161005203137j:plain

 

 【After】

f:id:sword749:20161003212003j:plain

 

 ハイビームの方はRAYBRIGのレンズでもロービームより光は纏まっていました。ただ、こちらもロービームと同様に本来の照射範囲の他に手前部分に余計な光が拡散していました。また写真では良く分からないですが、光が縞模様になっていました。

 【After】の方が光軸部分とそれ以外の明暗がはっきりしています。

 

 

 ランプを変えたことにより光の照射が改善したことを紹介したかったのですが、逆の印象を持たれそうですね。

 ともかく、LEDバルブはランプとの相性があり、ランプを変えると光の照らし方は随分と変わるという事例報告でした。