読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

カタナのリア・サスペンション交換~スプリング交換

 リア・サスペンションの続きです。

 わざわざレートの低いものに変えてもらったスプリングは、ちょっと弱すぎたようです。やはりスプリングを換えた方が良さそうです。 20-30Nmmから25-35Nmmに変える、というか追加購入します。


 とは言ってもWEBサイトのカタログには当該のスプリングは掲載されていないので*1、どうやって注文したらよいかまたメールで問い合わせをします。(スプリングの購入は可能であることは確認済み)

 レスポンス良く返事が返ってきて、YSSのサスペンションの取扱店経由で注文するかメールでの注文依頼でも良いとのこと。近所に取扱店は無いのでメールで注文しました。

 発送先や代金の支払い方法やり取りの後、2日後には届きました。

 因みにお値段は1万2千円(税抜き)。ありがたいことに送料は無料でした。

f:id:sword749:20161101223713j:plain

 

 


 20-30Nmmのものと並べてみました。左が25-35Nmmのスプリングです。スプリングの線径が少し太いですが巻き数も増えています。

f:id:sword749:20161031220415j:plain


 


 早速付け替えです。

 交換作業をしていて気がついたのですが、このショックユニットに200mmのスプリンクだとプリロードのアジャスターを一杯に緩めるだけでスプリングを外すことができます。これは楽です。(とはいっても頻繁にスプリングを換えるわけではありませんが)

f:id:sword749:20161031220653j:plain▲最初はこのようにコンプレッサーでスプリングを縮めてロア側のカラーを外していましたが....

f:id:sword749:20161031220822j:plain▲プリロードアジャスターのリングを一番上まで上げるだけで取り外しが可能でした。

 

 

 とりあえず、スプリングのプリロードは0mmから乗ってみました。

 それでも沈み込み過ぎず結構よい感じ。走った瞬間に前のスプリングとは踏ん
張りの強さが違うことがわかりました。それでいて硬すぎる訳でもなくこっちの方が良い。

 走りながらいろいろいじった結果、プリロードは+3mm、サスペンション長は一杯に伸ばした(+10mm)ところで落ち着きました。*2

 もう少しリアの車高を上げてみてはどうだろう?とも思いましたが、プリロードはこれ以上増やすとサスペンションの動きが悪くなったので、あとは車高調整用のマウントを長いものに交換してみるしかないです。

 

【PMC】オプションパーツ | YSSサスペンション 公式サイト

 

 う~んまた追加費用が掛かってしまうなぁ、と思いつつも、ここまで来たら、乗りかかった舟。とことんやろうとポチッとクリックしました。

 

 <続<>

*1:
このときWEBサイトのカタログに掲載されているスプリングはシングルレートのものだけで、ダブルレートのスプリングの掲載はありませんでした。
いろいろな長さやレートのスプリングがあるらしいのに何でカタログ掲載しないのだろう?と思ったのですが、今サイトを見てみるとダブルレートのスプリングのページが設けられていました。想像していた以上にバリエーションがあり驚きました。

*2:サスペンション注文前にサスペンションの自由長をしっかり測って260mm(+10mm)で十分と判断したのですが、やはり実際に試してみないと分からないものです。