自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

アクセル・ワイヤーのメンテナンスも大切です

 修理が終わったカタナを引き取るとき、バイク屋さんに “アクセルが重い” との指摘を受けました。そして “ワイヤーのメンテナンスを気にしていない人って結構多いんだよね”とも。

f:id:sword749:20170826233508j:plain

 

 言われてみれば確かにアクセルが重い。そしてワイヤーのメンテナンスもやった記憶がありません。インナーワイヤーの作り直しは何回かやりましたが、内部の洗浄、注油はやっていないような。(クラッチワイヤーはやっていましたが)

 

 この状態でも特に気にせず乗っていましたが、高速道路とかで長時間一定のアクセル開度で走っていると確かに右手には負担を感じます。

 私のカタナはワイヤーが二本なのでワイヤー内の動作抵抗の増加は影響大なのでしょう。

f:id:sword749:20170826233525j:plain

 

 

 というわけで、ワイヤー内部の洗浄と注油を行いました。

 ワイヤー内部に注油するにはワイヤー・インジェクターなる道具を使います。

f:id:sword749:20170826233234j:plain

 

 このようにワイヤーの端にセットし、

f:id:sword749:20170826233307j:plain

 

 スプレー式洗浄剤のノズルパイプをセットして、ブシューとやります。

f:id:sword749:20170826233349j:plain

 

 反対側の方から黒く汚れた洗浄剤が吹き出てくるので、ウェスで受け止め、ワイヤー内部の汚れを洗い流します。

 

 次にスプレー式のグリス缶に換え、ワイヤー内部にグリスを充填。

 ワイヤー二本とも処置して組み立てみると、あれ、FCRのアクセルってこんなに軽かったのね、というくらいの軽さに。

 思い出してみれば、以前はこの位軽かったような気がします。徐々に重くなってきたので気が付かなかったのでしょう。

 

 これからは年に1回、せめて2年に1回(車検毎)には洗浄、注油してやる事にします。