自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

西湖 野鳥の森公園

 この前の日曜日、天気が良かったので久しぶりにカタナで走りに出かけました。

 このところ夏日が続いていていたのですが、気温は少し低目。革のジャケットを着てオートバイを走らすには丁度良い気温でした。

f:id:sword749:20180525192517j:plain

 

 特に目的地は無く、何となく河口湖まで走り昼食を食べて国道139号を進んで西湖へ。

 森林に囲まれた道を走っていくと右手に「野鳥公園」という看板が立った広い公園が見えました。いつもはスルーしていたのですが、今回はちょっと興味が湧いて駐車場にカタナを止めました。広い駐車場はカラカラでした。

f:id:sword749:20180525192652j:plain

 

 広い芝生が広がり気持ちの良さそう。人の姿が少ないので静かでのんびりできそうです。

f:id:sword749:20180525192711j:plain

奥に富士山が顔を覗かせています。

 

 これといった設備があるわけではなく、野鳥の写真とかが展示されているギャラリーハウスがあるくらい。レストランや売店も無くて飲み物の自販機がハウス内にある程度。

f:id:sword749:20180525193120j:plain

f:id:sword749:20180525202120j:plain

f:id:sword749:20180525200340j:plain

f:id:sword749:20180525193249j:plain

f:id:sword749:20180525193423j:plain

 

 ハウスの2階の窓際には鳥の観察用なのでしょう、双眼鏡等が幾つか置かれていました。
 鳥でもいないかな?と双眼鏡で近くの森の中を見ていたら、生い茂る木々の枝葉の間で何かの影が動いたような気がしました。目を凝らしてみていると人のような黒い影がゆっくり移動しました。

 あんな森の中に人はいないだろうし多分猿でしょうが、二足立ちの黒影はまるで伝説の未確認動物「ビッグフット」みたいに見えました。すぐに見失ってしまいましたが、傍の森の中にも様々な動物がいるんだな、と興奮気味に思いました。

 

 ハウスを出て広場をぐるりと一回り。

f:id:sword749:20180525193219j:plain



 すると森の中に延びていく小路を発見。

f:id:sword749:20180525195827j:plain

 ちょっと歩いてみると所々に鳥の巣箱が設置されている以外は自然そのままのうっそうとした原生林。辺りは木々コケや草で緑に覆われていますが、所々にのぞく溶岩が大昔の富士山の噴火を物語っています。

f:id:sword749:20180525201340j:plain

f:id:sword749:20180525195958j:plain

 

 これは面白いなぁと歩いていて気が付きました。さっき見た“ビッグフット”はここを歩いていた人間だったのですね。

 所々施設はあるものの、あまり活用されているようには見えず、微妙な廃れ具合が周囲の自然環境に違和感なく溶け込んでおりました。

f:id:sword749:20180525201421j:plain

大きな丸木舟が収められているのですが、鍵が掛けられていて中に入ることは出来ませんでした。

 

 路は周回路になっていて距離的には短かったですが、富士の樹海の雰囲気を楽しむ事ができました。

 とても静かでのんびり寛ぐには良い所で気に入りました。こういうところを見つけられて得した気分になった日帰りツーリングでした。