自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

2018 北海道ツーリング ~ 4日目(宗谷丘陵の「白い道」)

 7時前に目が覚める。雨は降っていないものの相変わらずの曇天。昨夜は結構気温が下がったようで時折冷気で目が覚めてやや寝不足気味。

f:id:sword749:20180916201920j:plain

YZさんのニンジャと私のカタナ。奥の二つのテント(STACY)は左がYZさんの現行型、右が私の初期型です。


 YZさんもテントから出てくる。顔を洗って朝食の準備。

 ここでトラブルが発生。コールマンのピーク1ストーブが壊れてしまった。ポンプカップが割れてしまいポンピングの圧が掛からない。何と言うことだろう。

 YZさんが自分のストーブでお湯を沸かしコーヒーを入れてくれる。

 初キャンプでありながらも携行用の小型のミルを持参しており、ここで豆を挽くという拘りよう。キャンパーの素質は十分にあるようです。味の濃い美味しいコーヒーを淹れて頂きました。

f:id:sword749:20180916202456j:plain

実にきれいなYZさんのニンジャでした。しかし初キャンプツーリングとは思えぬくらい様になっています。


 さて、今日はどうするか。予定では網走か知床あたりに移動するつもりだったけど、そっち方面は今日も雨天の予報でまだ道北の方がマシな状況。ならば昨日は宗谷も稚内も殆どスルーしてしまったので、改めて見て回るのもよいかもしれない。

 また、ストーブを早急に何とかしなければならない。補修パーツを入手できる可能性は低いだろうから、代わりのストーブを入手するしかない。主要な街にはホーマック(ホームセンター)があるのでそこで売っていると思うが。

 因みにYZさんは北見で友人と合流する予定であるそう。天候とは無関係に進まなければならない。

 

 テントや荷物を撤収して出発準備。ちょっと風が強めでテントを畳みにくい。

 ここでYZさんとはお別れ。私は宗谷方面に向かう。途中、昨日買い物したセイコーマートでゴミを捨てさせてもらう。

 宗谷に向けて海沿いの国道を走るも宗谷方面には暗い灰色の雲で覆われていて天気が悪そう。本当に予報を信じて良いのだろうか?天気が悪いのなら道東に向かった方が良いのではないか?

 しばし考え道東に向かっちゃえ!とUターンする。

 猿払公園の前を通りすぎ、少し走ってエサヌカ線に入る。以前は国道からエサヌカ線への入口が分かり難かったのですが、今はしっかり標識が整備されていました。

 そのせいかエサヌカ線はこのとおりの盛況ぶり。

f:id:sword749:20180916203118j:plain

f:id:sword749:20180916203135j:plain

 

 ここは広い草原に道が一本真っ直ぐに伸びているだけで他には何も無いのですが、
何とも不思議な雰囲気の場所です。荒涼感というかちょっと異世界っぽい感じがあるというのか。生憎の天気ですが、ここは曇り空も似合うような気がします。

f:id:sword749:20180916234039j:plain



 交通量が少ないので愛車を道路の真ん中に出して嬉しそうに写真を撮っている人も多数。ここはライダーにとって最高に “インスタ映え” する場所なのであります。(殆どがオジサンばかりでインスタ女子は見当たりませんでしたが。)

f:id:sword749:20180916203453j:plain


 同じ直線道路でも、走るならサロベツ道道106号線、風景はエサヌカ線、てとこでしょうか。

 

 エサヌカ線の風景を堪能してから、しばらく走って浜頓別に到着。ホーマックに向かう。だがここは「ホーマック・二コット」という規模の小さな店舗でストーブは売っていなかった。

 とりあえず休憩しようとセイコーマートに寄るとYZさんに再会。YZさんは早くも雨に備えカッパで身を固めている。雨雲レーダーではこの先は雨になることは間違いない。しかも強い雨

 う~ん、どうするか。結局、雨雲レーダーを信じて再度宗谷/稚内に向かうことにする。雨はなるべく避けたいし、稚内ホーマックならストーブも売っているだろう。

 

 しかし相変わらず宗谷方面の空は灰色の雲に覆われている。しかも少し走っただけで降らないはずの雨が降り出し、たまらずオートバイを止めてカッパを着る。

f:id:sword749:20180916204626j:plain

 

 

 さらに宗谷に向かって走っていると、道東方面に向かうのであろうオートバイと頻繁にすれ違う。向かう先の天気は承知しているのだろうが、颯爽とピースサインを出して走っていく彼らが雨も風もものともしない勇者のように見えてくる。

 その勇者が次から次へとやって来るので、居たたまれない気持ちになってくる。やはり自分も道東に向かうべきなのではないか、とまた心に迷いが生じる。が、時刻を考えるともう迷走している場合ではないので思いとどまる。

 今思うと、このとき既に疲労がたまり判断力が少し鈍っていたのかもしれません。

 

 宗谷丘陵へは昨日走った国道を引き返してもつまらないので、猿払村のはずれで国道238から左に折れ、道道1077~道道889を通って内陸を進む。この道、道幅は広いし舗装もきれいな快走ルート。しかも丘陵の裏側の景色も楽しめる。

f:id:sword749:20180916233802j:plain

f:id:sword749:20180916211500j:plain

 

 丘陵に入ったらそのまま「白い道」に向かいます。「白い道」というのはホタテの貝殻が敷き詰められている道です。*1

 この道はまだ行ったことはありません。以前は知る人ぞ知る、というところだったようですが、今は「白い道」方面を示す看板も設置され簡単に行くことが出来ます。とはいえ、その看板から随分長い距離を進まなければならないので、途中で道を間違えてはいまいか?と不安になりました。

 

f:id:sword749:20180916222753j:plain

f:id:sword749:20180916222826j:plain

途中で見かけた牧草ロール。近くに寄って見るとネットのようなもので覆われていました。これできれいなロール状になっているのですね。



 ようやく到着。想像していたより道の白さが鮮やかできれいでした。天気が良ければもっと素晴らしかったかもしれません。次は晴天のときにゆっくり歩いて景色を楽しみたいと思います。

f:id:sword749:20180916222202j:plain

 

 

www.city.wakkanai.hokkaido.jp

 

f:id:sword749:20180916223241j:plain

 

 

 それにしても寒い。昨日よりはマシだけど夏とは思えない。雨はとっくに上がっていたけれどカッパを脱ぐ気になれなかったほど。

 宗谷岬のパーキングへ下り、ここでようやくカッパを脱ぎました。

f:id:sword749:20180916224014j:plain

f:id:sword749:20180916224044j:plain

電光掲示板の気温は何と17℃です。

 

 丁度昼飯時だったので、食堂「最北端」でラーメンを食べました。今回は塩ラーメンではなく、より身体が温まりそうな味噌ラーメンにしました。

 麺もスープもごく普通のラーメンでしたが美味しかったです。スープもきっちり飲み干しました。

f:id:sword749:20180916224325j:plain

 

 この後はキャンプ用のストーブを探しながら稚内に向かいます。

 <続く>

 

*1:貝殻に含まれるカルシウムが家畜の伝染病の抑止効果があるそうです。