自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

久し振りに「大東京綜合卸売センター」

 久しぶりに「大東京綜合卸売センター」の紹介です。

 ブログには久しぶりの登場ですが、ここにはしょっちゅう買い物に訪れています。この市場の雰囲気が良いんです。

 

 年中活気がある卸売センターですが、12月の半ばを過ぎてからはまた独特の慌しさ、活気が出てきてもう年末なんだな~としみじみ実感させられます。

f:id:sword749:20181225234100j:plain



 因みに、どのスーパーマーケットでも以前は12月25日まではクリスマス商戦、それ以降が年末(正月)商戦と棲み分けがなされていたと思うのですが、最近はもうごっちゃごちゃですね。

 12月に入ると赤くデコレーションされたクリスマス商品と正月商品が同時に登場してきて、クリスマスソングのBGMが聴こえる店内にしめ飾りや鏡餅が陳列されているというカオスな状態。

 クリスマス・イブよりも前におせち料理が売り場を席巻しているスーパーもあり、もしかすると最近はクリスマスの地位が低下しているのかもしれません。

 

 「大東京綜合卸売センター」では生鮮食品や実用雑貨がメインなのでクリスマスに特化した商品は殆ど見当たらなかったですが、正月用の商品は早くも登場していました。

f:id:sword749:20181225234035j:plain

f:id:sword749:20181225233737j:plain

 

 こんなしめ飾りは12月最後の週に登場していたと思うのですが。

f:id:sword749:20181225233644j:plain

 

 もちろん、大部分の店舗はいつもと変わらぬ品揃えですが、乾物屋さんでは昆布の品揃えが増えているようだし、

f:id:sword749:20181225234147j:plain

 魚屋さんは鮭とか筋子数の子、といったものがより目に付くような気がします。鮭や鮪をさばく姿もいつもより忙しそうに見えます。

f:id:sword749:20181225233952j:plain

f:id:sword749:20181225234927j:plain

f:id:sword749:20181225234945j:plain



 古き良き昭和の雰囲気が色濃く残る「大東京綜合卸売センター」でありますが、少しずつ変化もしています。

f:id:sword749:20181225234804j:plain

 

 廃業したのか店舗の空きスペースが少しずつ増えています。その反面、洋食やさんやしゃれたカフェが入ってきたり、中華料理の食材や、東南アジアの食材の専門店が入ってきたり。

 市場施設内のスピーカーからは洋楽(ロック)が流れていたり(音量は控え目ですけど)するなど、新旧いろいろなものが入り混じったところです。