自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

カタナのエアフィルターケースを流用した物入

 カタナの収納スペースの確保について一つ紹介を。

 私のカタナはキャブレター(FCR)に直付けでエアフィルター(K&Nのフィルター)を装着しております。

 よってシート下に組み込まれていたノーマルのエアフィルターは不要なので撤去。空になったフィルターケースはそのまま残して中は物入れとして活用しています。

 

f:id:sword749:20190314222807j:plain

 

 

 これはやっている人も多いのではないでしょうか。うまい具合に上面に蓋があるうってつけの形状なのです。蓋を外しておくだけで物入に早変わり。シートを外せばすぐに荷物を取り出せ使い勝手も良いです。

f:id:sword749:20190314215529j:plain

 

 空気の出入り口はプラ板をガムテープで固定するという単純な方法で塞ぎ(これで何年も経ちますが特に問題は生じていません)、エアフィルターを固定するための金具は邪魔なので撤去します。

f:id:sword749:20190314220045j:plain

 

 結構な収納容量があり、現在は小型電動空気入れ、予備のレバー(クラッチ、ブレーキ)、充電用のシガーソケットケーブル、パンク修理剤、イグニッションコイル*1、ネット、ビニールテープなどを収納しています。

f:id:sword749:20190314220239j:plain

電動空気入れなどをビニールパックに入れているのは防水の為です。

 

 並べてみると結構な量ですが、余裕で積むことが出来ます。

f:id:sword749:20190314220835j:plain

 

 キャブレター換装で思わぬ副産物のカスタムが出来ました。

 

*1:こんな余計な物を積んでおかなくても良いと思うのですが、一度出先でコイルが割れた事があったので、お守り代わりに積んでいます。これも十分な収納容量を確保できたからです。