自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

Red Bull Snow Charge という面白いレース

 4月に入ったというのにまたスキーネタで恐縮です。

 最近知ったのですが、「Red Bull Snow Charge」というスキー/スノーボードの面白い草レースがあります。スキー場を参加者がヨーイ・ドン!で一斉に滑り降りて順位を競うというもの。

https://www.redbull.com/jp-ja/events/snow-charge

 

 参加資格は特に無く、動画で見る限り普通のゲレンデスキーヤーが多いようです。深雪用の太目の板で参加している人も結構多いですが、レーシング用のワンピースに身を包みGS用のスキー板を持ち込む本気の人もいたり。
 いろんなカテゴリのマシンが混走するル・マン自動車レースみたいです。

 

 レースの要領も面白くて、スキーを履いていない状態で一斉スタート ⇒ 数十メートル先に置いてあるスキー板までダッシュ ⇒ 板を履いてゲレンデに飛び出して行く、というもの。これもル・マンのスタートに似ています。

 違うのは自分のスキーが何処にあるのか分からない事。しかも左右の板がバラバラに置いてあるという念の入れよう。
 なのでスタート直後は数十人の出場者が右往左往して自分のスキー板を探し回るという事になります。まるでトランプの神経衰弱をしているかのよう。"板が無い” という声も聞こえます。

 その混乱の中からいち早くスキー板を見つけたものがゲレンデに飛び出していきます。

 コースは比較的緩斜面が多いようですが、技量も板の性能もいろいろなので抜いたり抜かされたりドタバタが展開され、チキチキマシン猛レースみたいで面白い。

 最後はRed Bullのアーチをくぐってゴール。コース距離は結構長そうで滑り切るだけでもキツそうですが、とても楽しそうです。多分順位なんてどうでも良いくらいに楽しいんでしょうね。

 


2018.03.31 スキーでRedBull SNOW CHARGE in 高鷲スノーパーク

 

 こういう敷居の低いコンペティションって良いですね。私も出たくなってきました。来年は何処でやるのだろう?

 こういう催しがあるとスキー人口も増えていくのかもしれません。Red Bullには是非ん今後も盛り上げていってほしいです。(とりあえず、明日はRed Bull買おうと思います)