自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

北海道ツーリングのキャンプ場~「クッチャロ湖畔キャンプ場」

【クッチャロ湖畔キャンプ場】(道北)

総合評価 ★★★★☆(4)

URL 「はまとんべつ温泉ウイング」

料金 200円

 

 猿払より少し南下した浜頓別町にあるキャンプ場。「さるふつ公園キャンプ場」が強風とかでキャンプが厳しいようならこちらに移動するのも手です。

f:id:sword749:20050806180643j:plain

右側が私のバイクで、ナナハンのカタナに乗っていたときのものです。



 

 白鳥の飛来地として有名なクッチャロ湖の湖畔にあるキャンプ場で、湖に沈む夕陽が大変に美しかったです。

f:id:sword749:20050806171404j:plain

f:id:sword749:20190630221401j:plain

 

 キャンプ場にコインランドリーが有るし、入浴も近くのホテルで可能。浜頓別の街が直ぐ近くで、スーパー、コンビニ、ホームセンターと何でもあるので買い出しがとても便利。仮にキャンプ道具に忘れ物があっても何とかなるでしょう。

 ツーリングルート(国道238/275)からも直ぐ近く。ツーリストが利用するキャンプ場としては最も環境的に恵まれた部類に入ると思います。

 

 ファミリーキャンパーが多くライダーの数はそこそこ。凄く多いわけでも少ないわけでもない、という印象です。

 

 私がこのキャンプ場に泊まったのはもう十数年前。その後も立ち寄ったことはあるけどなかなかキャンプする機会が無いまま今に至っています。何となく「さるふつ公園キャンプ場」に泊まってしまうんですよね。2013年のツーリングでキャンプするチャンスがあったのですが、美深まで爆走することを選択してしまいパスしました。

 

 街が直ぐ近くだし、キャンプ場も設備が整っているので、初めてキャンプツーリングする人でも安心して快適にキャンプできるところだと思います。

 強いて不満を上げるとすると、観光地的な雰囲気が強くてキャンプ場というより公園という感じがするところでしょうか。(完全に個人的な好みの問題です)

 

売店
有り(キャンプの受け付けはここでのはず)。でも観光地の土産物店的なものなので、バイクで街まで買い出しに行った方が良いと思います。

【ゴミ処理】
ゴミ箱が有ったと記憶しています。(有料のゴミ袋を買う必要は無かったと思います)

【入浴】
近くの「はまとんべつ温泉ウイング」で入浴できます。料金は400円で午前11時~午後9時まで。(午後8時30分受付終了)
日帰り入浴可能なホテルがもう一軒有ったのですが、廃業したようです。

【洗濯】
水場の東屋に洗濯機あり。