読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

カタナのブレーキ・パッドの交換

【バイク】GSX1100S 【バイク】ブレーキ周り 【バイク】メンテナンス

 参院選挙のあった先週の日曜日の午後。

f:id:sword749:20160719194722j:plain

 

 

 そろそろブレーキも大分減っているはず…とパッドを見てみたら、予想のとおりかなり減っていたので交換しました。

f:id:sword749:20160719193145j:plain

 

 

 パッドの交換は普段手が回らないブレーキ周りの掃除のときでもあります。交換作業そのものよりこの掃除の方が手間がかかります。

 ブレーキダストでキャリパーは真っ黒。中性洗剤(食器洗い用洗剤)を使いブラシでゴシゴシ洗い、バケツの水に漬けて濯ぐとこのとおり真っ黒。

f:id:sword749:20160719193227j:plain

 


 特にピストンにこびり付いた汚れは入念に落とします。この掃除がいつも一番面倒です。キャリパーの陰に隠れた部分の汚れはウェスも入らず掃除し難い。それで今回はこれを使いました。

f:id:sword749:20160719193338j:plain


 以前のブレーキ・キャリパーのOH(こちら)でピストンを抜くのに使ったピストンプライヤー。

 これでピストンの内側をつかんでグリッとピストンを回転さて汚れが落ちていない部分を表に出して拭き取りました。

f:id:sword749:20160719193527j:plain

f:id:sword749:20160719193557j:plain



 キャリパーのOH以来出番の無く、工具箱の肥やしになりかけていたツールですが、久しぶりに活用することができました。

 

 

 キャリパーの清掃が終わったらパッドの組み付け。

 まずブレーキフルードのリサーバータンクを開けて少しフルードを抜きます。(ピストンを戻すと溢れてしまうことがあるため)

 そして「ディスクブレーキピストンツール」なるものを使ってピストンを戻します。

f:id:sword749:20160719193858j:plain

 

 

 これはアストロ・プロダクツで買ったもの。それまでは古いブレーキパッドをピストンに当ててプライヤーで押し戻したりしていましたが(直接ピストンにプライヤーを当てると傷を付けてしまうので絶対にNG)

 ちゃんとしたツールだと圧倒的に作業が楽。使う度に満足感を感じます。

 因みに私が買ったときは¥2,600円でしたが、今Amazonで見てみたら2千円を切っているものがゴロゴロ。当時はAmazonバイクの整備ツールを買うなんてあまりイメージはありませんでした。品揃えも値段も良い世の中になったもんです。

 

 

 そうそう、ピストンを戻す前にピストンに「メタルラバー」を塗布しておきました。
多少なりともピストンの動きが良くなることに期待です。

f:id:sword749:20160719194529j:plain

 

 


 今回取り付けるパッドはストックしておいたプロジェクトμというブランドのもの。 安売りしているのを見かけたときに買っておいたものです。ダブル・ディスクブレーキなのでブレーキパッドは2セット必要なので、この値段で買えたのはラッキーでした。

f:id:sword749:20160719194621j:plain

 

 ゴールド色で見た感じ良くブレーキが効きそうですがどんなものでしょう。走ってみてのお楽しみです。

f:id:sword749:20160719194645j:plain

 


 パッドを組み付けてキャリパーをフォークに取り付けて組み立て完了。

 ブレーキレバーを十分な手ごたえが出るまでガクガクと何度も引いて、リサーバータンクのフルードの量を確認してキャップを締めて完了です。


 次はリアのブレーキパッドの交換を行います。

 

オイル交換のやり方

【バイク】エンジンオイル 【バイク】メンテナンス

 シフトのリターン・スプリングを交換してもシフト・チェンジ(アップ時のみ)のペダルの戻りの悪さは改善しなかったのですが、原因はエンジンオイル*1のようでした。

 といっても今使っているオイル(GulfのBLAZE)の質が悪いという事ではなく、オイル交換のやり方が問題だったようです。

f:id:sword749:20160712222125j:plain

 


 前回のオイル交換では、“冬眠明け”ということで、しばらく(数週間)エンジンをかけていない状態でオイル交換をしました。

 エンジンが冷えた状態ではオイルの流れが悪い=ちょっと時間を要するだけで、むしろオイルがオイルパンに落ち切っているのでしっかりとオイルが抜けるはず。
 それにエンジンの熱で火傷をする心配もないので作業も楽で良い事ずくめ。確か前々回のときもエンジンの冷間状態でオイル交換をやったような記憶があります。

 思い返せばシフトの動きが渋くなってきたのはそれ以降。

 何故だろう?と考えたところ、

  • 交換時期のオイルには汚れ(スラッジや金属粉や水分とか)が含まれている。
  • 汚れが全てオイルフィルターで濾過はされず、ミッションの部分には汚れが残っていたりする。(オイルがフィルターまで十分に循環していない??)
  • 走行中、汚れはオイルの中に撹絆されているけれど、エンジン停止状態ではだんだん沈殿していく。
  • だとすると…エンジンを止めて時間が経った状態で抜いたオイルは上澄み”のきれいな部分だけで沈殿している汚れは十分に抜けずに残っていたのではないか?


 との推測に至りました。確かに前回交換時は“あまりオイルが汚れていないなぁ”なんて思った記憶があります。走行距離が短め(2千kmちょっと)なんでこんなものか、と。

 これはちゃんとオイル交換をやった方が良さそうだ、という思いが段々強くなり、前回の交換からまだ1,700km程しか走行していないですが、改めてオイル交換を行いました。

 

 まず、近所を15分程グルグル走ってエンジンもミッションも十分に温めてからオイルを排出。

 出てきたオイルは期待どおり(?)どす黒く汚れていました。

f:id:sword749:20160712221928j:plain

 



 オイルフィルターは前回に交換していますが、多分これも真っ黒に汚れているだろうから交換だな、と開けてみると殆ど汚れておらず。走行距離相応かもしれませんが、こんなものだろうか?とちょっと疑問にも思います。

f:id:sword749:20160712222007j:plain

 

 

 交換後の試し走りで数十キロ走ってみると、明らかにギアチェンジがスムーズになり、シフトアップ時のペダルの戻りも改善されてきました。

 今までずっと何気なくやっていたオイル交換ですが、やり方次第で結果はずいぶんと違うのだな、と思いました。

*1:4サイクルエンジンのバイクはエンジンとミッションのオイルは共用

ニーチェアのシート自作

【工作】DIY

 愛用しているニーチェアXのシートが破れてしまったので、ミシンを使って自作に
チャレンジしました。

 

f:id:sword749:20160706224552j:plain▲購入時の姿。

 

f:id:sword749:20160706224445j:plain
▲使用8年目。突然ビリッと破れてしまいました。

 

 

 まず“ニーチェア”について....

 新居 猛さんいうデザイナーが「心地よく、丈夫で、とことん安く、どこにでも置ける、食べ物でいうとカレーライスのような椅子をつくりたい」と設計した折り畳み式の椅子。

 モダンでシンプルなデザインで、しかも座り心地が抜群に良くて、ニューヨーク近代美術館に永久収蔵されているほどの逸品。

 残念ながら新居さんは既に亡くなっており、製造、販売をしていた「ニーファニチア」という会社も2013年に廃業されています。*1

 今現在は幾つかのメーカーが製造・販売を引き継いでいて、椅子本体や交換用のシートも手に入るのですが、メーカーによって少し寸法が違っているようで、入手したシートが合わないなんてこともあるようです。*2

 

 そういう状況なので、どこのシートを買ったらよいのやら、と調べていたら“シートは簡単に自作できる”という情報を見かけました。(Amazonのユーザーレビューで)

 

 

 

 ならばDIY大好きな自分としては自作しない手はありません。

 普段の工作で使っているボール盤や金ノコからミシンとハサミに持ち替え布と糸と格闘となりました。

 

 では早速シート造りについて。

 

【材料】
  • 帆布(4号) 720mmx1270mm
  • ミシン糸(#30) (色はお好みで)
  • 布用接着剤
【道具】
  • ミシン・・・厚い生地が縫えるパワーのあるもの
  • 針・・・・#14か#16(今回は#16を使用)
  • マーキング用のペン(時間が経過すると自然に消えるもの。ダイソーで購入)
  • アイロン

 

【手順】
  1. 上記の寸法に帆布をカットする。
  2. このように幅が540mm位になるようそれぞれ両側を90㎜程折り、ミシン掛けし易いようにアイロンでプレス。(この段階ではアイロン掛けは端の部分だけでOK)

    f:id:sword749:20160706220105j:plain

  3. 折り曲げた部分を縫い合わせます。

    f:id:sword749:20160706220459j:plain

  4. 4か所とも縫い合わせたら、縫い目が内側になるようにひっくり返します。

    f:id:sword749:20160706220806j:plain

  5. 端の真ん中部分もアイロン掛けしてしっかり折って縫います。(ここはジグザグ縫いにしてみました。縫った後の写真は撮り忘れてしまいました)

    f:id:sword749:20160706220939j:plain

  6. 折り返した部分を全体的にアイロン掛けして形をしっかり整え、直線縫いで縫う。強度確保のため2列縫います。

    f:id:sword749:20160706221054j:plain

    f:id:sword749:20160706222244j:plain

 

 これで縫いは完了。次に穴開けです。

 穴は(片側で)ボルトを通す穴が2つとパイプの曲げ部分の穴が2ヵ所です。(それとあともう一箇所穴を追加しました。)

 ボルトを通す穴はシートの横側に、パイプの曲げ部分の穴はシートの裏(底)側に開けます。

f:id:sword749:20160706222924j:plain
▲オリジナルのシートの裏側。小さな穴がボルト穴。大きい穴がパイプ曲げ部分の穴。

 

 

 穴の位置は、元のシートの穴位置を参照したり、パイプの穴位置や曲げ位置を巻き尺で実測したりして決めました。

f:id:sword749:20160706222317j:plain

 

  1. ボルト穴は少し余裕を持たせて10mm×20mm位の大きさにしました。(なるべく小さくした方が完成時の見映えは良いです。)
    カッターやハサミで穴の中心部分を十字に切れ込みを入れ、内側に折り返して接着剤で貼り合わせ(というか固め)します。

    f:id:sword749:20160706222451j:plain

    私は木工用ボンドを使ったのだけど、洗濯することを考えるとボンド系のゴム系接着剤の方が良いと思います。(木工用ボンドは水溶性なので)
  2. パイプの曲げ部分はパイプの円周の半分位。パイプの直径は19mm位なので19mmx3.14/2 = 29.83mm(約30mm)
    これもボルト穴同様に十字の切れ込みを入れて内側に折り返して接着剤で貼り合わせます。
  3. あと、オリジナルには無い穴をもうーつ追加。オリジナルのシートでは。フレームのパイプはボルトの穴から入れるようになっているのですが、その分シートのサイズ(長さ)は余裕が必要。また使用しているうちに生地が縮んで来るとパイプが取り出し難くなるので、ボルト穴より端の方にパイプの入り口を設けてみました。

    f:id:sword749:20160706222654j:plain

 

 これでシートが完成です。

f:id:sword749:20160706231358j:plain

 



 接着剤が乾くをのを待ち、フレームパイプを入れて組み上げます。シートサイズを前後方向に少し余裕を取って大き目したので無理なく入れることができました。

f:id:sword749:20160706223313j:plain

 

 パイプフレームを二本とも入れて

f:id:sword749:20160706223624j:plain

 

 肘掛のフレームとボルトで固定して完成。

f:id:sword749:20160706223827j:plain
▲フレームの曲げ部分の穴位置もばっちりでした。

f:id:sword749:20160706223717j:plain



 我ながら良い出来栄え。

 久々に座ったニーチェアの座り心地は格別でした。

 

【参考】

 今回制作したのは「ニーファニチア」のニーチェアX用のシート。

 裁断した布の寸法と、

f:id:sword749:20160706230328j:plain
▲網掛部分が折り返す部分です。

 

 

 穴の位置です。

f:id:sword749:20160706230429j:plain
▲“A”がボルト穴、”B”がフレームパイプの“曲げ”部分の穴。赤い丸が追加したパイプの出入り口。

 

 

 

ミシンについて

 今回の工作のために入手したミシンはトーヨーの「JY-1NR」という家庭用コンパクトミシン。

 4号の分厚い帆布を縫わねばならないので、パワーがあるミシンということで選びました。(4号の帆布はジーンズよりも分厚いです。倍くらいの厚さではないでしょうか)

 実際、4枚重ねて縫う箇所もちゃんと縫う事ができました。機能もシンプルで初心者でも使いやすいと思います。

 

トーヨー 電動ミシン(フットコントローラータイプ) レッド JY-1NR
 

 

 

 

 ミシンを使った物作りもなかなか面白いものです。他にも作りたいものが幾つかあるので楽しめそうです。

 

 

nyfurniture.main.jp

*1:廃業した理由は市の土地再開発絡みだそうで...何とも勿体ないです。

*2:「株式会社 藤栄」というところの製品がオリジナルの「ニーファニチア」と同じ寸法らしい、です。