読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

カタナの車検~LEDヘッドライトで車検をパス

【バイク】メンテナンス

 二年に一度の車検の時期がやって来ました。

 やる事は毎度変わらないのですが。前回の車検の記事(↓)を見て準備します。(ブログって備忘録にもなるので便利ですね)

 

sword749.hatenablog.com

 

 既にブレーキパッドとタイヤは新品に交換済み。

 他は普段から整備しているので特に気になるところは無し。バックミラーは非純正品に交換してあるけれど問題は無いはず。外していたバイザーのモールを取り付け、シートベルトも取り付けました。

 ハンドルロックのキーも準備し、念のためロックの練習も行いました。*1このネイマンという独特のキー、いつもハンドルロックの仕方を忘れていてドタバタしているので手順のおさらいです。

①ハンドルを右側に向ける。

f:id:sword749:20160928184255j:plain


②キーシリンダーにキーを差込み左に回す。

f:id:sword749:20160928184322j:plain


③左に回した状態でキーシリンダーを奥に押し込む。押し込めない場合、キーシリンダーとステムシャフトの穴位置がずれているので、ハンドルの角度を少し動かして穴が合う位置を探る)

f:id:sword749:20160928184357j:plain


④キーシリンダーを押し込んだまま右に戻し、キーを抜く。
 =〉キーシリンダーが奥でロックされた状態となる。

f:id:sword749:20160928184436j:plain

 

 ロックの解除はこの逆です。

 

 これで車検の準備は大体終わりましたが、漠然とした不安は残ります。

 何しろいろいろとカスタムしているので、問題はないはずと判っていても本当に大丈夫か?と心にモヤモヤ感が残ります。(学校で先生に呼び止められただけで過剰に反応する不良生徒みたいなものでしょうか。)

 

 このモヤモヤの一番の種はLEDバルブに変更しているヘッドライトです。

 ちょっと光が拡散しているので、現状では検査をパスするのは難しいかもしれません。

 手堅くハロゲンバルブに戻そうか?とか考えたのですが、出来ることならLEDバルブで車検を通したい。

 

 ヘッドライトレンズによってはLEDやHIDと相性の良いものがある、という話を思い出し、急濾レンズを変更してみることにしました。


 購入したのはこちら。

 

 写真で見る限り今使っているレンズ(レイブリック製)とはレンズカットが違うので何かしら変わるはず。値段も3千円位(送料含む)なので手頃。

 

 届いたレンズに換装してみると明らかに光の拡散が減少。今までよりもフレアが減って光の広がり方もハロゲンバルブに大分近い感じ。(このヘッドライトレンズの詳細については別途書こうと思います)

 

 これならもしかすると大丈夫かもしれない。このまま車検に臨み、予備検査場でチェックしてもしNGならハロゲンバルブに戻すという要領でいくことにしました。

 

 そして試験当日。最近は雨続きですが晴天なので一安心。(天気予報で晴れそうな日を選んで検査予約をしていました。)

 

 ハロゲンバルブと交換用の工具を持参して前回もお世話になった検査場(多摩自動車検査登録事務所)近くの「米山自動車」さんへ。光軸の確認・調整と自賠責保険の更新をお願いします。

 ヘッドライトがLEDバルブである事を伝えるとやはり “う一ん‥‥どうだろうなぁ‥” と言っていましたが、いざテスターに照射してみるとしっかり光軸が出ているのでちょっと驚いていました。

 光量も問題無さそう。光軸の角度を調整してもらい“これなら大丈夫だよ!”と太鼓判が出ました。

 

 前回同様に検査用紙とか各種書類もサービスで頂き、記入も手伝ってくれて “何かあったら直ぐ来てよ” と心強い言葉を頂き、準備万端で検査場に向かいました。


 検査場敷地内の「関東陸運振興センター」*2で記入した用紙を出し、重量税と検査手数料を払って印紙を貼ってもらいます。

 次に「検査登録事務所」の「⑤」番窓口に書類を出し*3、判子をもらって検査レーンへ。

 

 今回は二輪用検査レーンが使用不能の状態(先の大雨で機械が浸水してしまったらしい)で、「O番」のレーンが使用されていました。

f:id:sword749:20160928192418j:plain
▲いつもはこの小さな「二輪車コース」で検査をするのですが....

f:id:sword749:20160928192555j:plain
▲今回はこの「0」番のレーンでバイクの検査が行われていました。普通自動車用のレーンとも違うようです。

 

 ラインの手前で車台番号の確認から始まり、ヘッドライトのロー/ハイ切り替え、ウィンカー、ブレーキランプ、全幅(ハンドル幅)、外見検査を受けてラインの中へ。

 前後ブレーキ、騒音測定、そしてヘッドライトの検査も問題なくパス。
 あれ?スピードメーターの検査は?と訊いたところ、このレーンでは実施できないそうで今回は省略です、との事でした。

 

 レーンに並んでから(待ち時間も含め)5分くらいで検査は終了。今回もあっけなく終わりました。

 総合判定の印を押してもらい、検査登録事務所の「⑥」番窓口に書類一式を出し。
さほど待つこともなく新しい車検証と車検期限シールを受け取りました。(以前より早くなったように思います)

 

 これで無事車検は終了。

 バイクに車検証を収めナンバープレートの車検期限シールを張り替え、ほっと一息ついたら急にお腹が空いてきました。

 

 <おしまい>

 

 

【かかった費用】

  • 検査登録代     ¥400
  • 審査代       ¥1,300
  • 重量税       ¥5,000
  • ライト調整代    ¥2,160
  • 自賠責保険   ¥13,640

  合計   ¥22,500

 

*1:ハンドルロックはイグニッションキーと別になっていることもあり、普段ハンドルロックは使っていないのです。

*2:自動車登録番号標交付所”“ナンバーセンター”の表示がある建物です。

*3:この窓口で検査の予約番号を訊かれるので、予め番号を準備しておきましょう。

カタナのタイヤ交換にチャレンジ(実施編)

【バイク】GSX1100S 【バイク】タイヤ

 交換作業はリア・タイヤから始めました。

 バイクからタイヤ/ホイールを外し、まずバランスを確認してみました。

 このタイヤはショップで交換したときにきっちりとバランスをとっていたのですが、結構アンバランスな状態となっていました。やはり磨耗の偏りはあるようです。

 

f:id:sword749:20160923225723j:plain

 

 では交換作業開始。バルブコアを外してエアを抜き、ビート落しから。

f:id:sword749:20160926214853j:plain

 

 

 ビート落としはこちら(↓)の記事を参考にさせて頂きました。タイヤレバーによるビート落としが詳しく紹介されています。

 

 ビートブレーカーを使用しない、タイヤ交換のテクニック。

 


 本当に上手くビートを落とせるかな?と半信半疑でしたが書かれていた手順に従ってやってみると思っていたよりも楽にビートが外れました。

 ビート落としの部分で自分の備忘録として補足を少々。

 タイヤとホイールの隙間にレバーを上向きにして差込み、レバーの柄を下側にグイッと押し下げていきます。

f:id:sword749:20160923215312j:plain

 

 最初はタイヤが外れる気配などありませんでしたが、ホイール外周の1/4くらいの範囲にわたってダイダイやっていると大分隙間が広がってきます。

f:id:sword749:20160923215346j:plain

 

 

 この状態でレバーを二本使ってビートを落とすのですが、要領としては

①上向きのレバー(A)を差し込み、

②下に押し下げてタイヤとホイールの隙間を広げ、

③そこに下向きのレバー(B)を差込んでレバー先端をタイヤの縁
 (ビート部分)に引っ掛けます。

④そしてレバー(B)の柄を上に押し上げるとタイヤのビート部分が外側
 (タイヤ外周方向)に押し出されます。

⑤その状態で更にレバー(A)を下に押し下げる(タイヤサイドを押す)
 とタイヤのビートがホイールのリムから外れて内側に落ちます。
 (レバー(A)とタイヤサイドの間に木片とかを挟んでやるとより簡単に
  落ちるかもしれません)

 といったようにやれば上手くいきました。

f:id:sword749:20160926214009j:plain

 

 反対側も同じやり方でビートを落とします。こちらはコツが掴めたのか簡単に落とせました。

 逆に意外と大変だったのがタイヤの取り外し。

 片側のタイヤのビート部分をホイールの外に出すまではそれほど難しくは無いのですが、反対側をホイールから外すのは要領が悪いのか苦戦しました。タイヤワックスをビート部分に吹き付けて滑りを良くしてようやく外れました。

f:id:sword749:20160923225306j:plain

 

 逆にタイヤをホイールに組み込むのは簡単。予めタイヤワックスをホイールとタイヤのビート部分に十分に吹き付けて作業したら大して苦労せずに組み込めました。

f:id:sword749:20160923225516j:plain

 

 

 

 そして最大の懸案作業のビート上げ。

 念のためベルトをタイヤに巻きつけておきます。
 (ベルトは軽く巻いただけでテンションは掛けていません。必要とあれば直ぐに締め付けられるように準備しておいただけです)

 

f:id:sword749:20160923225535j:plain

 

 エアバルブを取り付け、いよいよ空気を注入。

 ガガガガ・・・と派手な音を立てながら空気の充填が開始。果たしてビートが上がるだろうか?と様子を見ながら眺めていていると徐々にタイヤが持ち上かってきました。

f:id:sword749:20160923225637j:plain

 

 これは行けそうだ。やがてポン!という乾いた音と共に片側のビートが上がり、少し間を置いて反対側もポン!とビートが上がりました。

 普通の空気入れを使ったビート上げは大成功です。

 

 この後はタイヤバランスの調整です。
 古いタイヤでチェックしたときよりも偏りは少なく、ホイールにウェイトを付けているところが一番重かったのでウェイトを半分にしてみたら丁度バランスが取れました。(1/4~半回転くらいタイヤを回してそっと手を離してタイヤが回らなかったのでOKでしょう)

 

 タイヤ/ホイールをバイクに取り付けて、続いてフロントタイヤに移ります。

f:id:sword749:20160923225848j:plain

 

 

 ビート落しはもうコツも掴めたので、すぐに落とせました。

 ただ、タイヤ外しはリアよりも苦戦しました。

 リアよりもフロントの方が簡単だろうと思っていたのですがなかなか外れませんでした。もしかするとタイヤの幅が細い方が外しにくいのかもしれません。

 タイヤ外しもコツがありそうです。次回はもうちょっと楽にできると思います。


 タイヤの組み込みはあまり苦労することも無く、あとはビート上げだけでタイヤ交換は終わったも同然と思いました。

 が、こちらは一向にビートが上がらない。

 ならば、とベルトをタイヤに巻いてしっかり締め付けてリトライするも、それでもだめ。

 どうやらタイヤのビート部分が内側に寄り過ぎていて、ベルトで締めてもタイヤとホイールの隙間が開いたままなのです。*1

 これでは充填速度の低い空気入れではダメ。エアコンプレッサーのあるところでやってもらうしかない。近所のクルマ屋さんに行って空気を入れてもらったところ問題なく直ぐにビートが上がりました。

 

(フロントタイヤの作業の写真はありません。予想外の苦戦による焦りと、どんどん強くなる日差しと暑さで体力、気力が削がれていき、写真を撮るどころではなかったのです。)

 

 最期にバランス取りですが、バランスは若干偏ってはいたけれどそれほど酷くは無いのでそのままにしました。

 すっかりバテしまい、調整する気力が沸かなかったのが本音です。

 

 フロント・タイヤ/ホイールをバイクに組み付けて作業完了。

f:id:sword749:20160923230246j:plain

 

 やはり新しいタイヤが付いていると気分が良いです。

 フロントタイヤのビート上げだけはクルマ屋さんの手を借りたけど、自分でやったという満足感は格別です。

 

 

 

更なる一工夫

 残念ながらフロントタイヤのビート上げはハンディタイプの空気入 れでは出来ませんでした。でもこれも工夫のしようはあるようで、タイヤの交換作業前に新品タイヤのビートの間に何か物を挟んで暫く(一晩くらい?)置いて おき、ビートの間隔を広げておくと良いようです。(ホイールのリムの内側に密着するくらいに広げる)

 

タイヤ交換を終えての感想
  • ビート落しはタイヤレバーだけで十分に出来る。タイヤレバーは3本有った方がベターだけど2本でも何とかなります。
  • ホイールには結構傷が付いてしまいました。初めてタイヤ交換にチャレンジするときは傷が付いても構わないホイールでやった方が良いです。でも慣れてくれば殆ど傷を付けずに出来ると思います。
  • タイヤのホイールからの外しは意外と困難。ジタバタしたので、ホイールに傷をつけてしまったのもこの作業のときが殆どです。ただこれもちょっとした工夫で楽に外せるようになると思います。(次回に試してみようと思います)
  • 交換前の磨耗したタイヤでは、ホイール(タイヤ)バランスはかなり偏っていました。でもこの状態で高速道路を走ったりもしていましたが、特に問題は感じなかったので、バイクの場合はホイールバランスはあまり神経質に考えなくて良いのかな、と思いました。(もちろん、バランスが取れていた方が良いのは間違いないですが)
  • 全体的な感想としては、思っていたよりも簡単だったということ。もっと早くチャレンジしておけば良かったと思いました。

 

 <終わり>

*1:リアタイヤは、ホイールのリム内側にタイヤのビート部分が密着した状態でした。

カタナのタイヤ交換にチャレンジ(揃えたもの)

【バイク】GSX1100S 【バイク】タイヤ

 今回のタイヤ交換のために揃えたものです。

 今まで自分でタイヤ交換をしなかったのは、必要な道具を持っていなかったからです。

 ビートブレーカーとかエア・コンプレッサーとか。

 しかし調べてみると、ビートブレーカーを使わなくてもビート落しは可能であり、
自転車用の手動空気入れでも不可能ではないらしい、ということが分かってきました。(ビート上げだけなら近所のガソリンスタンドやクルマ屋さんでお願いするという手もあります)

 

 まぁ、ビートブレーカーは小型のものも売られているので買っちゃおうかな、とも思ったのですが、やはり使う機会は少ないし、あまり“工具の肥やし”は増やしたくないので我慢(?)しました。

 エアコンプレッサーも前から欲しいと思っているのですが、やはり使用頻度と収納場所、騒音などを考え見送りました。

 


 結局今回の作業で揃えたもの、使ったものはこんなものです。


タイヤレバー と リムプロテクター

 タイヤレバーは持ってはいたのですが、ちょっと短目のものなので新調することにしました。リムプロテクターも有った方が良かろうとセットになったものを購入しました。

タイヤレバー&リムプロテクター ×2 TOOL371 TOOL371
 

 

虫回し
エーモン 虫回しドライバー 2本組 T765

エーモン 虫回しドライバー 2本組 T765

 

 

交換用のエアバルブコア

  この際なので交換用に買っておきました。

デイトナ(DAYTONA) タイヤバルブコア4個入り 77542

デイトナ(DAYTONA) タイヤバルブコア4個入り 77542

 

 

 

荷締用ベルト

  新しいタイヤをホイールに組み込んでエアを入れるとき、タイヤ外周をベルトで締め付けるとタイヤのビート部分とホイールが密着しエアの充填がし易くなるそうです。

SUN UP ベルト荷締機 100kg RB-100

SUN UP ベルト荷締機 100kg RB-100

 

 


タイヤワックス

 ビートワックスの代用として用意しました。ビートワックスよりタイヤの滑りがよくタイヤの脱着が楽にできるそうです。

 今回はダイソーの100円のものを使いました。カー用品店で売っているものより容量は少ない(半分程度の200ML)ですが十分な量です。

 

f:id:sword749:20160923213834j:plain

 

 

 こちらの記事を参考にさせて頂きました。

mekablog.com

 

木片

 作業中、ブレーキディスクが床に当たって曲がらないようにタイヤ/ホイールの下に敷くために買ってきました。ホームセンターの端材コーナーで、一本30円で売っていました。

 不要になったらキャンプで薪として燃やそうと思います。

f:id:sword749:20160923213758j:plain

 

空気入れ

 自転車の手押し式の空気入れでは疲れそうなので*1、クルマに搭載されている電動式の空気入れを使うことにしました。

 

ジャッキスタンド(通称“ウマ”)

 タイヤ/ホイールのバランスを確認するために使いました。たまたま持っていたから使っただけで、他の物でも構わないです。

 

 

 大体こんなところです。購入したものは全部で3,000円もしなかったです。(ウマや空気入れは除きます)

 

 

 

 なお、ビートブレーカーはこのような小型のものも販売されています。
 スクーター等の小径のタイヤ用ですが、大きいタイヤでも対応できるようです。
値段も3千円ほどで、この位のサイズなら収納も場所をとらないので買つちゃおうか?と最後まで迷いました。

  <続く>


                        

*1:youTubeで動画がありましたが、かなり辛そうでした。