自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

カタナのハンドルを交換~トマゼリの感想編

 カタナに装着したトマゼリ・ハンドルの感想について。

 とりあえずこんなものかな?と従来と同じくらいの絞り角で、垂れ角は従来より少しつけた角度でセットしてみました。

f:id:sword749:20171015212307j:plain

f:id:sword749:20171022114657j:plain

 

 ハンドルの形状の関係で従来よりグリップ位置は1~2cm位前方となっていますが、 静止状態でシートに座った感じだとまずまずのポジションと感じました。

 ところがこれが走ってみると全然ダメ。

 ハンドルが途方も無く遠くに感じられ、乗りに食いのなんの。

 やはり実際に走ってみなければ分からないものです。

 

 ということで再調整。

 ちょっと走っては角度を調整する、を繰り返し乗り易いポジションを探っていきました。

 そうやって落ち着いたのがこちら。

f:id:sword749:20171022105258j:plain

 

 グリップ位置を近づけるためハンドルのしぼり角を大分増やしました。

 従来のハンドルでこのくらいのしぼり角にすると乗り難くて良い印象は無かったのですが、垂れ角を付けたためか、乗りにくさは感じず。

 
 勿論乗り味は大分変わりました。

 従来のしぼり角が開いていて垂れ角も少ないハンドルポジションではオートバイを振り回しやすい、というか。街中のような低速のコーナーだらけのところをヒラリヒラリと軽快に走るのに適していたのですが、反面、高速道理のようなところを走るときはちょつと落ち着かない感じも。

 それが、どっしりとした安定感が出てきて、高速道路のようなところを巡航するのにとても適した感じに。加速も減速も安定感が増えました。加減速が楽しく感じられるくらい。

 軽快感は減りましたが街中走行でも支障があるわけではなく、今のところ良い印象です。

 まあ、正反対の性格に変わったといえます。

 というか、本来のカタナのハンドリングに戻ったような気がします。そもそもハンドルポジションもノーマルのカタナはこんな感じだったような。

 

 さて、トマゼリのハンドルそのものの印象ついて

【メリット】
  • 仕上がりの質感は良い。純正品と同様の質感で、チーフ感は無し。
  • 各パーツの勘合部分はスプラインが無いけれど、結合ボルトを締めればしっかり固定されガタは全く無し。勘合部分が動いてしまう事も無し。剛性感も高いです。
  • やはりハンドルの垂れ角、しぼり角を自在に、それも無断階に微妙な調整ができるのはとてもありかたい。*1
【あえて不満なところ】

 不満は無いのですが、あえて挙げるとすると

  • ハンドルバーが少し長目。
  • 取り付け方や車種にもよるが、ハンドル幅が少し広目になりがち。
  • ハンドルの角度調整が無断階調整なので、左右の角度を合わせるのが一苦労。見た目では左右対称に見えても走ってみるとアンバランスに感じたり。
    調整 → 実走行で確認 を何度も繰り返すこととなりました。

 といったところです。

 特に無断階でハンドル角を微調整できるのは大きなメリットだと思います。

 いろいろな角度に調整試していると、あーこれ乗り易いな!と感じる角度があるのが分りました。見た目では調整前との違いが分からない位の差なのですが。

 おそらく、乗り易いと感じたハンドル角は、自分とって丁度良い手首の角度になっているようで、バイクの操作が楽なのです。

 特にコーナーを回るとき、身体を少しイン側にずらすのが随分とやり易くなったのが実感できました。ブレーキも良く効くようになりました。ブレーキレバーを握る指に力を掛けやすくなったのだと思います。(強く握った自覚は全然無いのですが)

 ハンドル角/手首の角度が変わるだけでこうも変わるものなんだ、とちょっと驚きました。特に垂れ角って影響大きいですね。

 考えてみると、ちょうど良い手首の角度になるハンドルの角度は、身長や腕の長さ、筋肉の構造とかで人それぞれで違うはずだし(極端に言えば右腕と左腕でも)、ハンドルの高さや遠さ/近さでも変わってくるはずです。

 

 ちょっと話が飛びますが、昔観た「蘇るヒーロー 片山敬済*2」という映画で、レース前のセッティングで片山がNS500のハンドルの微妙な調整に凄く拘っていて、チーフメカニックと軽く揉めるシーンがありました。

 ちょっと神経質過ぎるんじゃないか?と思ったものなのですが、今は少しわかる気がします。

 

 という訳で、トマゼリの無段階調整式のハンドル換装は思い切ってやって良かったと思います。

 ハンドルの角度によって乗り味は大きく変わり、まるで違うオートバイになったように感じるのでとても面白いです。

 ハンドル交換はオートバイに飽きを感じているときには効果絶大です。

 

 残念ながら今週の土日も雨でオートバイに乗れませんが、来週晴れたら楽しみたいと思います。

 

*1:昔使ったことのあるハ〇ケーンのハンドルは角度調整部分にスプライン(溝)が入っていて、決まった単位角度にしか調整ができませんでした。その角度単位が案外大きくて実質的な調整は1~2段階といったところでした。

*2:1977年に世界グランプリ350ccクラスでチャンピオンを獲得した2輪のレーサーです。その後500ccクラスに移り、ホンダのNR500、NS500に乗り1984年シーズンで引退。

カタナのハンドルを交換~トマゼリ装着編

 前回のハンドルの紹介に続き、車体への装着です。

 

 といっても、その前にやる事が幾つかあります。

 まず、ハンドルに付けるスイッチの位置固定用ピンの勘合用の穴をあけます。

f:id:sword749:20171015205230j:plain

穴位置の寸法を測りM5のドリルで3~4mmくらいの深さの穴をあけます。

 

 

 それとバーエンドのハンドル固定用のゴムパイプ(ブロック?)の用意。

 今まで使っていたものをそのまま流用するつもりだったのですが、このハンドルには寸法が長すぎるので急濾作ることにしました。

 近所のホームセンターで買ってきた1mm厚のゴムシートを丁度良い幅にカットし、

f:id:sword749:20171015205541j:plain

 

 それをバーエンドを固定するビス(M6の太さ)に巻きつけるように接着していき、丁度良い(Φ18くらいです)の太さにします。(Φ18のゴムの棒があれば良かったのですが。そう都合良い素材はありませんでした。)

f:id:sword749:20171015205654j:plain

 

 出来上がったものはこのようにバーエンドに取り付けます。

 ビスを締めこんでいくと、ゴムパイプが縮み、その分外周が膨らんでハンドルバーの内側に押し付けられて固定される、という仕組みです。

f:id:sword749:20171015210822j:plain

 

 因みにバーエンドはカタナの純正のものに戻すことにしました。特に理由はありません。ちょっと雰囲気を変えてみよう、という程度の理由です。

 表面がだいぶ傷んでいたので、錆びを落としてブラックに塗装し直すつもりだったのですが、錆びを落としてみると地金の輝きが何ともきれい。

 よし!このままでいってみよう!!と塗装はしない事にしました。

 

 因みに錆び落しですが、

 このようにバーエンドに長目のビスをナットでしっかり固定し、

f:id:sword749:20171015211420j:plain

 

 それをボール盤に取り付けて回転させ、荒め(100~200番くらい)の耐水ペーパーを当ててやりました。

f:id:sword749:20171015211501j:plain

既にきれいに磨き上げた後ですが、このようにやりました、という紹介です

 

 あっという間に、簡単にきれいになりました。

 

 

 今回ついでということで、少々劣化していたハンドルグリップも変える事にしました。選んだのはKIJIMAのもの。
 今までのものよりほんの少し厚みがあり、弾力もあるので振動を吸収してくれそうです。シンプルなデザインも気に入りました。

キジマ(kijima) SP2グリップ L125 22.2mm 貫通 汎用 ブラック/ブラック 201-6756

キジマ(kijima) SP2グリップ L125 22.2mm 貫通 汎用 ブラック/ブラック 201-6756

 

 

 

 

 これで準備が整いました。

 

 オートバイのフロント側をジャッキアップし、ステムのトップブリッジを外し、ハンドルをトマゼリに付け替えます。

f:id:sword749:20171015212530j:plain

 

 

 新しいパーツを組み付けるこの一時が実に楽しいです。ワクワクします。

 

 前回書いたようにトマゼリのハンドルはいろいろな取り付け方が可能。

 こうしてみようか?それともこうかな?といろいろ試して、このような形に落ち着きました。

f:id:sword749:20171015212632j:plain

 

 なかなか良い感じ。やはりハンドルは少し垂れ角が付いている方がカタナには似合うと思います。

 

 

 完成形がこちらです。

【BEFORE】

f:id:sword749:20171010232851j:plain

 

【AFTER】

f:id:sword749:20171015212307j:plain

 

 

 新しいハンドルに新しいグリップ、バーエンドも変えたので、かなり雰囲気が変わりました。

 特にグリップとバーエンドがこんなにカッコ良くなるとは想定外でした。ハンドルを変えたことと同じくらい満足感が高いです。

f:id:sword749:20171015212420j:plain

 

 

 実走行しての感想については次回。(結構いろいろと発見がありましたので。)

 

カタナのハンドルを交換~トマゼリ導入

 昨年のリア・サスペンション変更に続き、今年もカタナの改造をしてしまいました。

 

 私はオートバイのハンドルのポジションを結構拘ります。

 カタナというオートバイはライディングポジションは大柄で、ハンドルバーは遠くて低い位置にあり、見た目はカッコイイけど長時間乗るには体に負担のかかるスパルタンなマシンです。

 これを多少でも楽なポジションに、それでいて見た目のカッコ良さは失わずに、と都合の良いハンドルは無いだろうか?といつも模索していました。

 

 今のカタナはステアリング・ステムを他社種(89年式GSX-R1100)に交換していますが、それに組み合わせるハンドルは他車種のものを使用しています。(GS1200SSのハンドルを加工して組み付けています)

 ハンドルの高さが少し高くなり、またバーの垂れ角も緩やかなので、ライディングポジションはだいぶ楽になりました。

f:id:sword749:20171010232815j:plain

f:id:sword749:20171010232851j:plain

ノーマルに比べるとハンドル垂れ角は少なく、グリップの位置は高めです。



 でも完全には満足しておらず、逆に少しグリップ位置が高すぎたかな?と。

 もう少し垂れ角が付いていたらどうだろう?あと1cm位低い位置辺りがベストなのではないか?、といろいろ考えてはいました。*1

 

 そういう訳で、時々何か良いハンドルは無いだろうか?とショップサイト眺めたりしていたのですが、先日、良さそうなハンドルを見つけました。

 トマゼリというメーカーのもので、ハンドルの取り付け角度が自在に変えられるといもの。これはなかなか良さそうなものだな、と1週間ほど考えて導入する事にしました。

 

 因みにトマゼリ(TOMMASELLI)はイタリアのメーカーで、ドカティ等によく使われているとか。

 tommaselli(トマゼリ) || アジャスタブル・セパレートハンドル || GARUDA || ガルーダ

 

 

 購入はヤフオクで。AmazonやWebikeとか各種ネットショップよりも2/3くらいの価格で売られていました。(なぜこんなに価格差があるのか不思議ですが、こういうところがヤフオクの魅力でもあります)

 ヤフオク(ネットオークション)といっても、新品、即決(定価落札)なので、通常のネットショッピングみたいなもの。「今すぐ落札する」ボタンをポチッとして2日後には到着しました。

 

 物はこのようにクランプ、ハンドルバー、アダプターの3ピース構造。

f:id:sword749:20171010230317j:plain

 

 各パーツのジョイント部分が無断階に調整できる*2
ので、ハンドルの垂れ角、ハンドルクランプに対する絞り角も自在に変えられ様々な形状を取る事ができます。

f:id:sword749:20171010230358j:plain

f:id:sword749:20171010230411j:plain

 

 アダプターを使わずクランプに直接ハンドルバーを付けることも出来きるのも面白いです。

f:id:sword749:20171010230439j:plain

 

 

 一つ謎だったのがハンドルバーエンド。

f:id:sword749:20171010230627j:plain

 

 プラスチック製のチープなバーエンドが付けられていますが、これの外し方が分かりませんでした。ネジではなくピンで固定しているようでどうやって外せばよいのやら。

 ネットで調べてみると皆さんこれで悩むようで、バーエンドをプライヤー等で挟んで、グリグリと回転させながら引っ張って外すという方法が見つかりました。

 バーエンドは傷だらけになるので再利用は不可ですが、どうせ他のバーエンドに換えるので構いません。

f:id:sword749:20171010230710j:plain

 

 外したバーエンド。ピンを圧入して固定しており、着脱を前提とした構造では無いようです。

f:id:sword749:20171010230733j:plain

f:id:sword749:20171010230757j:plain

 

 

 次は装着編です。

 

 

 

 

*1:ランプ位置を下げればハンドルバーを下げられるのですが、ステムのトップブリッジの突起部が邪魔して思うような位置に調整できないのです。

*2:ジョイント部分はテーパー形状になっていて、ボルトで締め付ける事で固定する仕組み。ジョイント部分に溝が切ってあって、段階的に角度変更するものとは違い、完全に無断階に角度変更ができます。