自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

FCRのキャブピッチを変更した件(その1)

 一昨年にやってFCRキャブレターのピッチ変更について書こうと思います。

 

 カタナとかの並列4気筒エンジンは、シリンダー(燃焼室)が4つ横に並んでおり、キャブレターもシリンダー毎に別れたものが横一列に4つ連結した形状になっています。

 このシリンダーとシリンダーの間隔(ピッチ)は各エンジンによって異なっているので、並列4気筒用のFCRキャブレターも各エンジンにあわせたキャブレターピッチである必要があり、それでカタナ用だとかCB用、ゼファー用といった具合に車種毎に商品が分かれてきます。(ボディとか基本パーツは同じ)

 

 一昨年ネットオークションで入手した中古の39ΦのFCRキャブレターはカタナ用ということだったのですが、念のためにとキャブ・ピッチを測ってみたら微妙に違っていました。(カタナは750ccも1100ccもキャブレターピッチは同じです。1000も同じはずです)

 それまで使っていた35ΦのFCR(カタナ用のものを新品購入)のキャブレターピッチは、78mm(1-2番シリンダー間)- 92mm(2-3番シリンダー間)- 78mm(3-4番シリンダー間)。

f:id:sword749:20170923232021j:plain

 

 それに対し39ΦのFCRを実測すると、81mm - 92mm - 81mm 。

 ちょっとですが1-2/3-4番の間が広いです。もしかすると本来は他車種用のものだったのかもしれません。この程度の差ならば装着可能だと思われますし(エンジンとキャブレターはインシュレーターというゴム部品を介して取り付けます。柔軟性があるので、多少のズレならば装着できてしまいます)、多分実際にカタナに付けていたのだと思います。

 

f:id:sword749:20130407155459j:plain

 

 

 キャブレターのピッチは、メーカーからは具体的寸法が開示されている訳ではないようで、実測するしか調べる方法は無いようです。(残念ながらノーマルキャブレターはとっくに処分してしまったので調べる事はできません。)

 ネットで調べてみたところ、カバ丸さんのブログでノーマルキャブレターの実測値が紹介されておりました。77mm - 90mm - 77mm だそうです。(2-3番がの寸法が93mmから90mmに訂正されております)

ghost-pain.hatenablog.com

 それ以外は実測なのか伝聞なのか分からず、数値もいろいろで信頼性はちょっと?な感じでした。

 

 因みにミクニTMRキャブレターのカタナ用モデルの諸元値も 77mm - 93mm - 77mm と書かれていました。

www.webike.net

 

 

 話しを39ΦのFCRに戻します。

 このままカタナに付けてみようかとも思いましたが、よく見ていくと外側(1-2番/3-4番)のキャブピッチの変更は簡単に出来そうに見えてきました。

 どうせバラバラに分解してチェックをするつもりだったので、ついでにキャブピッチの変更をやってみることにしました。

 

 <続く>

コールマン ピーク1ストーブの燃焼改善

 以前、サンポールによるピーク1ストーブの錆び落しについて書きましたが、それと併せて実施した “燃料溜め”材の交換についてです。

 前にも書きましたが、錆び落しをしたピーク1ストーブは、他のピーク1ストーブに比べ燃焼の安定が悪く、どうもバーナースタンドに問題があるようでした。

 バーナースタンドは錆びも酷いし交換した方が良いかな、なんて思っていたところ “燃料溜め”という部材が販売されている事を発見。

 もしかしてこの “燃料溜め” 材の劣化が燃焼の不安定の原因ではないか?と考え
交換してみることにしました。バーナースタンドを丸ごと交換するより安上がりですし。

f:id:sword749:20170907201129j:plain
▲矢印で示している綿っぽいのがそれです。

 

 

 購入は「NorthField」というショップから。「NorthField」はコールマンのランタンやストーブのリペアやパーツ販売を行っている専門店。

 そもそもこの“燃料溜め”材はコールマンからは交換部品として売られてはいなくて、このショップの独自商品。コールマンのオリジナルとは材質が違うらしいですが、本家で売っていない部品まで商品化するとは凄いです。

 

colemanparts.cart.fc2.com

 

 

 

f:id:sword749:20170907200637j:plain

 

 交換は簡単。

 バーナースタンドを燃料タンクに固定しているビスは外し、

f:id:sword749:20170907201443j:plain

 


 古いこの“燃料溜め”をマイナスドライバーの先やピンセットなどで取り出し、

f:id:sword749:20170813001842j:plain

 

 新しい“燃料溜め”材をこの用に水平に入れ、

f:id:sword749:20170907201750j:plain

 

 燃料パイプに沿って回すように入れます。反対側も同様に入れます。

f:id:sword749:20170907201822j:plain

 

 "燃料留め”は隙間に押し込んであるだけなのでこれだけです。

 

 早速組み立てて試験燃焼。

 着火、初期燃焼は問題なし。というか燃焼が安定するのが早くなったのがはっきり判りました。

 最初赤かった炎はすぐに青白くなり、火力レバーを一番弱くしても燃焼の調子は崩れず。以前はここまで安定するまではかなりの時間(2分くらい?)がかかったはず。

 煤もほとんど出ません。赤ガス*1なのにまるでホワイトガソリンで燃焼しているかのよう。

 そしてジェネレーターやバーナースタンドが十分に熱せられると、今までよりもトロ火か出来るように。

 こんなにも調子が良くなるとは。"燃料留め”は大事なパーツのようです。燃焼の調子が悪いコールマンのガソリンストーブはこれを換えてみると良いと思います。

 調子が良くなってますますこのPEAKIストーブに愛着がわきました。

 

 

*1:自動車用レギュラーガソリンのことです。

AZの格安ケミカルを試す~バイクのチェーン洗浄

 先日の週末はカタナのメンテナンスを行いました。

 エンジンオイルの交換とチェーンの洗浄・注油です。

 

 エンジンオイルは今までと同じくGULFのBLAZE 15W-50。ペール缶をついに使い切ったのですが、このオイルに十分満足しているので、またペール缶で購入しました。

 ペール缶での購入だとコストパフォーマンスは抜群に良いです。(とはいえ、前回購入時より3,000円程値上がりしていますね。オイルやタイヤとかのバイク用品の物価は順調に?上昇しています)

 

 

 

 それとチェーンの洗浄ですが、「AZ(エーゼット)」というブランドのチェーンクリナーが格安(激安)のお試し価格で販売されていましたので、試しに使ってみる事にしました。

 “初回購入に限り” ですが、98円という驚異的な価格。しかも送料無料です。まぁ宣伝というかサンプル品としての販売なのでしょう。

 AZの製品はFCRキャブレターで使うフッ素グリースを使用しており、馴染はあります。安価でもAmazonのユーザーレビューの評価も良く、期待できます。

 

 

 ついでに同じくパーツクリーナー(これも“初回購入に限り”の98円)も注文。パーツクリーナーはいくらあっても困らないので。

 

 

 注文してから翌々日には配達されました。今回はヤマト運輸ではなく佐川急便での配達でした。

f:id:sword749:20170905233811j:plain

 

 

 

 これに先立ち、チェーン洗浄用の3面ブラシを購入していたのですが、これもAZのもの。これもかなり安いです。

 

AZ(エーゼット) 3面ブラシ(チェーンブラシ) KD054
 

 

 

 期せずしてAZの製品だらけでチェーンを洗浄する事となりました。

 

 チェーンはこのように錆が浮き汚れ切っています。

f:id:sword749:20170905234022j:plain

 

 

 3面ブラシは初めて使いますが、これは良いですね。しっかりチェーンを挟み、効率よくブラッシングできます。

f:id:sword749:20170905234131j:plain

 

 ただ、チェーンクリーナーは、このブラシが必要無いくらい優秀でした。

 チェーン一周に吹きつけるとみるみる汚れが落ちはじめ、もう一度クリーナーを吹き付けたら、汚れが殆ど流れ落ちてしまい、ブラシで汚れをこすり落とす必要はありませんでした。

 この洗浄力ならリピート購入しようかな、という気になりました。

f:id:sword749:20170905234655j:plain
▲この通りピカピカになりました。

 

 

 仕上げはWAKO'Sのグリスを使いました。

f:id:sword749:20170905235422j:plain

 

 余分なグリスを拭き取って作業完了。

f:id:sword749:20170905235711j:plain
▲ピントがずれています...

 

 チェーンが綺麗になると気持ちが良いです。ついでにパワーフィルター(エア・フィルター)も洗浄。

 夏休みのツーリングの汚れ落としは完了です。