読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

ゴールデンウィークの工作

 ゴールデンウィークも終わり、またいつもの日常が戻ってきました。

 今回の連休ではカタナでロングツーリングに出かけてはおらず、近場をちょっと走っただけでしたが、まずまずの調子でした。

 

f:id:sword749:20160510224555j:plain


 先日LEDに交換したメーターパネルも具合良し!夜間の走行でもメーターが暗いとか、逆に眩しすぎるとかは無く、丁度よい塩梅でした。リレーを交換したウィンカーも問題なしです。

 つまり、今現在は不具合や不満なところが全く無いというとても平和な状態。普通はこれが当たり前なのでしょうが、我がカタナでは久しぶりの事です。お陰でGWはバイクいじりをする必要が無くて暇なこと(笑)

 


 それで暇つぶしと言うわけではありませんが、このような工作をしてみました。


 よく郵便受けに入っている“水のトラブル解決”系の名刺サイズくらいのマグネット板の広告。

f:id:sword749:20160505223832j:plain


 普通の興味の無いチラシならゴミ箱行きなのですが、これは捨てるにはちょっと勿体ない。冷蔵庫の扉に張り付けてメモ等を挟むのに利用しています。

 

 しかし、いつも目にする場所(冷蔵庫)にこの広告そのままというのは見栄えの良いものではないです。

 それで、このマグネット坂に好きなイラストとかロゴとかを張り付けてモデファイしてみました。イメージとしては、昔のブリキでできた昭和テイストのレトロな看板みたいにしてみたい。


 早速、イラスト集からスキャンしたり、ネットから拝借したりして画像収集。


 それをシール紙に印刷してマグネット坂に張り付けるのですが、問題はどうやって画像をマグネット坂の大きさに合わせて印刷するか?

 


 私はこんなやり方でやりました。


 まずはワープロソフト(MS-Word等。私はFree版のWPS Office というものを使っています)を立ち上げ、用紙サイズをシール紙のサイズ(A4)に設定。

 次に用紙の中に四角い図形(枠線有り)を適当に置き、

f:id:sword749:20160510222004j:plain

 

 その図形のサイズをマグネット坂の大きさに調整します。

 大きさの調整は、図形を右クリックして“オブジェクトの書式設定”を選択し、“サイズ” タブの「高さ」と「幅」にマグネット坂の寸法を入れて「OK」。

f:id:sword749:20160510221740j:plain

 

 

 なお、その四角の図形を任意の位置に配置できるよう、図形の“オブジェクトの書式設定”の“レイアウト”の指定を“全面”にしておくと良いです。

f:id:sword749:20160510222220j:plain



 そうやって四角の枠を並べていき、

f:id:sword749:20160510222347j:plain

 

 

 その四角の中に画像を置いて枠の中に納まるよう伸縮させます。


 こんな感じです。うまい具合に縦横比もピッタリです。

f:id:sword749:20160510223030j:plain

 

 

 そうやってどんどん画像を置いて行って...

f:id:sword749:20160510223243j:plain

 



 それをプリンターで印刷して切り出して、マグネット広告版に張り付ければ出来上がり。

 

f:id:sword749:20160508220756j:plain



 なかなか良い出来栄えです。冷蔵庫に目をやるのが楽しくなりました。

 パソコンとプリンターがあるとこんな工作ができるので楽しいです。