自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

カタナに今風のミラーを付けてイメージチェンジ

 こんばんは。

 昨年末にミラーをちょっとモデファイ(0円カスタム)したカタナですが、もうちょっとイメージを変えたいと思い、新しいミラーに交換しました。

 

 ノーマルのミラーはだいぶ劣化していて、鏡面に曇が出ている部分もあり、いずれ交換しなければと思っていました。

f:id:sword749:20150321153045j:plain

 

 それに、ちょっとミラーのデザインが野暮ったく感じていたので、もう少し雰囲気を変えてみたいと思ったのです。

 

 そういう訳で、いろいろあるミラーの中で選んだのはこちら。

 ナポレオンブランドの「バレンクラシック」という今風のデザインのもの。「ビッグスクーターカスタム定番! ロープロファイルミラー」との謳い文句が付いていました。

f:id:sword749:20150321152559j:plain

 

 ミラー部分が角ばったデザインのものありましたが、あえて丸型のものにしてみました。

 

 ノーマルっぽい感じのものなら、こんなのが良いのでしょうね。

 

 ところで、バイクのミラーって新たな保安基準というのが制定されているんですね。

  • 「平成19年1月1日以降に製造された全ての車両、及び平成17年1月1日以降に型式を認定された全ての車両」に対する基準
  • 「平成18年12月31日以前に製造された車両で、型式の認定が平成16年12月31日以前の車両」に対する基準

 の二つがあるそうです。

 選んだミラー(バレンクラシック)は平成19年以降に製造されたバイクには不適合のようですが、2000年(平成12年)で生産が終了したカタナなら付けても大丈夫です。 

 

 

 このミラー、高さ角度が調整可能となっていますが、無段階調整ではなく、8段階調整でした。もう少し細かく調整できたら良かったのですが。

f:id:sword749:20150321153206j:plain
▲この奥にあるプラスネジを外して角度を変えます。

f:id:sword749:20150321153415j:plain

 

 

 さて、取り付けてみてちょっと問題が発生。

 独特のアームの形状故に、ブレーキマスターのブリーダーに干渉するのです。

f:id:sword749:20150321162510j:plain

 

 ならば、とちょうど持っていたアダプターを付けて高さを稼ごう、と考えましたが...

f:id:sword749:20150321154707j:plain

 

 どうも格好悪い。

f:id:sword749:20150321162050j:plain

 

 どうしようか?と考えた結果、ブリーダーとの干渉は僅かなので、アームの干渉部分を削っちゃうことにしました。どうせ目に付かないところだし。

 

 久々にボール盤を引っ張り出し、10mm径のドリルで軽く削りました。少しずつドリルの当たる位置をずらし、広目に削りました。

f:id:sword749:20150321171435j:plain

 

 削ったところはブラックの塗料を塗っておきました。

 これで干渉は解消です。

f:id:sword749:20150321174339j:plain

 

 

 さて、カタナに取り付けてどんな感じになるかというと...

 

f:id:sword749:20150321163818j:plain

f:id:sword749:20150321164253j:plain

 こんな感じです。悪くないと思います。シートに跨って見える前方の視界(ハンドル周り)も大分すっきりしました。

 ミラーの見え方も悪くないです。ミラーの高さは低くいですが、ノーマルミラーより左右外側に位置しているので、腕や肩があまりミラーに写り込まず視認性は良好。
(実際には走ってみないと分からないですが)

 

 

 バイク全体のバランスはこんな感じです。

f:id:sword749:20150321165306j:plain

 

 ハンドル周りが大分すっきりしました。

 

f:id:sword749:20141206134020j:plain
▲ノーマルミラーではこんな感じでした。

 

 

 今回はブラックを選びましたが、メッキタイプのものだとまた違った雰囲気になったと思います。

  カタナのような古いバイクに今風のミラーを組み合わせるのも雰囲気が変わって面白いです。