自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

バリー・シーンがカタナに乗る

 YouTubeを観ていたら、かつてのGPレーサー、BARRY SHEENEの動画を見つけました。

 レーシングスーツを着ていて、何処かのサーキット(ドニントン・パークでした)でインタビューを受けている模様。

 サムネイルではバリーの上半身をアップにした画でしたが、動画を再生すると何とバリーはスズキのカタナに跨っておりました!

 ひとしきりインタビューに答えた後、インタビュアーをカタナの後ろに乗せてサーキットコースに入っていきました。多分、サーキットコースの紹介なのでしょう。

 タンデムのライティングなので、走りはゆっくりでしたが、カタナをGPライダーのスーパースター*1が走らせているのは初めて観たので感激しました。

 


Barry Sheene And Jimmy Greaves - Donington Park - March 1983.

 


 カタナは当時はあまりレースには使われず、アメリカのAMAスーパーバイクレースでヨシムラがレーサー・カタナをちょっと走らせたくらいのはず。

 ホンダのCB-FはF.スペンサー、カワサキのzはE.ローソンという後の世界GPチャンピオンがレースで乗って大活躍していたので、ちょっと羨ましかったんですよね。

 

 欲を言えば、バリーが単独でカタナをライティングする様を観てみたかったです。

 とはいえ私の大好きなGPライダーがカタナを走らせるという、夢のような(?)動画でした。

*1:B.シーンはF1ドライバーでいえばJ.ハントみたいな感じでしょうか。となるとK.ロバーツのF1ドライバーはN.ラウダですかね。そういえばB.シーンの半生を描いた「SHEENE」という映画が製作されたそうですが、日本では劇場公開しないのでしょうか...