読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

2014年 北海道ツーリングの日記~4日目(その2)~晴れたり降ったり

 排水溝を掘った頃から雨はだんだん弱くなってきました。空もところどころ青空が出てきました。

 ほんとなら、さぁ、出発!と行きたいところですが、テントもジーンズもバッグもずぶ濡れ。それに全道的に天気が荒れていたとあって、ちょっと出発する気になれません。

 傍の東屋に濡れたジーンズやバッグを移し乾かします。ラジオを付けて甲子園大会の中継を聴きながらブラブラするしかありません。

f:id:sword749:20140811104233j:plain

 他のライダーも出発する人はあまり多くは無く、殆どが連泊を決めたようです。(元々ここは連泊する人が多いようです)

 我々も、もう一泊することに決めました。思ってもいなかった3連泊です。

 

 12時位になると、雨は殆ど上がってきたので、昼飯を食べに出掛けることにしました。こうなると楽しみは食べることだけ。選んだ店は摩周駅の近くにある「ぽっぽ亭」。豚丼を食べることにします。

 すると、キャンプ場のおばさんが、晴れているのはこのキャンプ場一帯だけらしい、さっき来た宅急便のお兄さんは此処以外はどしゃ降りだと嘆いていた、と言います。

 ちょっと信じられないくらい空は晴れていたのですが、キャンプ場から国道までの200~300mくらいの道を進んだだけで空気は一変。今にも雨が降ってきそうな感じとなったので、カッパを装着。

 そして弟子屈方面に走るとみるみるうちに空が暗くなり、あっという間に雨になってしましました。

 

 このように雨に降られていたせいか、豚丼食べても気分は盛り上がらず。さっさとセイコーマートで買出しして、キャンプ場でのんびりすることにしました。

 セイコーマートで買出しした後、ソフトクリームを食べていくというSを残して、一足先にキャンプ場に向かいます。

 すると本当に不思議な事に天気はみるみるうちに回復していき、気持ちの良い青空になりました。ほんの20kmほどでこうも違うものか。

 そして更に先は美幌峠がきれいな青空の中に見えました。

 このままキャンプ場に戻っては勿体無い、と急遽、美幌峠まで走ることにしました。

 今朝の雨、というかさっきの雨天が信じられないくらい気持ちの良い青空の中を走って美幌峠に到着。

 

f:id:sword749:20140811153459j:plain
▲青空が気持ちよいです。

f:id:sword749:20140811153321j:plain▲向こうが美幌。この二人はヒッチハイクをしていました。

f:id:sword749:20140811153828j:plain
▲こっちが弟子屈方面。

 

 ちょっと見物してささっと帰るつもりでしたが、あまりにも景色が良いので、展望台の上まで登ってしまいしました。

 

f:id:sword749:20140811154245j:plain

f:id:sword749:20140811154220j:plain

f:id:sword749:20140811154716j:plain

f:id:sword749:20140811153451j:plain
▲こちらは中国の方のようです。きれいな景色に嬉しそうにはしゃいでいました。

 

f:id:sword749:20140811154856j:plain
▲雄大なワインディングロード。この雄大さを上手く写真に収めることが出来なかったのが残念です。

f:id:sword749:20140811154102j:plain

f:id:sword749:20140811154649j:plain
▲こちらは屈斜路湖

 

 そろそろ戻ろうかという頃、Sもやって来ました。(美幌峠に来たことはメールしていました)

 キャンプ場に着いたら私の姿が見えなかったし、例のGS乗りの二人に、美幌峠はピーカンですよ、と言われてやられた!とばかりにカッ飛ばしてきたようです。

 

 食材をバイクに積んだままなので、Sと入れ替わるように私はキャンプ場に戻ります。

 

 キャンプ場に戻っていろいろ話を聞いてみると、美幌峠より北側の方は天気はそんなに悪くなかったようでした。

 GS乗りの二人は美幌に街まで行って来たそうですし、Sが摩周のセイコーマートで会ったライダーは、旭川~北見を経由して弟子屈へやってきたそうですが、向こうは雨は降っていなかったそうです。(こっちに来て天気の悪さにテンションダウンだ、と言っていたそうです)

 

 そうして夕方までのひと時をのんびり過ごしていると、また雨がザーッと降ってきました。

 このとき、朝掘った排水溝はきれいに埋められていました。もう大丈夫だろう、と皆がまた埋め直していたのです。

 どうやら通り雨のようですが、もう勘弁してくれ、という気分です。

 

f:id:sword749:20140811184856j:plain

f:id:sword749:20140811182513j:plain

f:id:sword749:20140811183035j:plain
▲私は自分のテントの中で炙った魚肉ソーセージをツマミにビールを飲んでいました。

 

 程なくして雨は上がりました。

f:id:sword749:20140811183038j:plain

 

 雨が上がったのを見計らって、近くの「湖心荘」に風呂に入りに行きます。もう3日連続で、タイル張りの昔懐かしい風呂場もすっかり慣れたものです。

 此処は元々旅荘だったようですが、今は宿泊はやっておらず、入浴のみとのこと。キャンプ場の管理人のおじさんがこちらも管理しております。

 昭和の香りがぷんぷんと漂う建物で、ブラウン管テレビが置かれた(もちろん写らない)小さなフロアにはインベーダーゲームっぽいテレビゲームがテーブル代わりに置かれています。かつては観光客で賑わったんでしょうね。

 ビールの自動販売機も昭和時代のものかも知れません。

 昭和世代の私としては懐かしくて、とっても落ち着ける雰囲気です。いずれは取り壊される時がやって来るのでしょうが、出来るだけ長く続けて欲しいと思います。

 

 さて、今日の夕食はカレーうどん。二日続けてのカレーです(笑)。袋入りの茹でうどんを湯がき、レトルトカレーをかけただけのもの。

 それと、野菜不足が気になった私の希望で、野菜炒め用の野菜パックとソーセージを煮込んで、インスタントスープを投入し、持ち合わせている塩とかコショーとかありったけのスパイス追加して作ったスープ。*1(食材は全てセイコーマートで調達)

 家で食すならちょっと納得のいかない味ですが、キャンプで食べると何でも美味しい。AMラジオのノイズ混じりの音も良いBGMです。

 

 しかし、21時を過ぎると、またパラパラと雨が降ってきました。

 昨夜の睡眠時間は短かったので、早めに寝ることにしました。

 

 

*1:先日の「2014年 北海道ツーリングの日記~3日目その2~嵐の前」でスープを作ったと言うのは勘違いでした。正しくは豚串を焼いて食べた、でした。記事は訂正しました。