自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

カタナのフロントタイヤの交換(パイロットロード2 からBT-023へ)

 先週の事ですが、カタナのフロントタイヤを交換しました。

 今装着しているのはミシュランのパイロット・ロード2(PR2)というタイヤ。

f:id:sword749:20140913102506j:plain
▲元々はカマボコ型なのですが、タイヤセンターとその両側が減って、三角形型になっています。左側より右側の磨耗が多いです。どうも私の乗り方にクセがあるようです。

 

 2010年に当時乗っていた750S2カタナに装着し、1100カタナへのスイッチ後もホイールごと引き継ぎ今に至っています。トータルの走行距離はちょっと不明なのですが、1100カタナだけでも1万3千キロ弱を走っていますので、かなりのロングライフだと思います。多分、1万6千位キロくらいは走っているんじゃないでしょうか。


 ライフだけでなく、乗り味というか操縦性といったフィーリングも自分好みで、上手く表現できないですが交換直後はそれまでのタイヤとは違ってシャキッとしたフィーリングで、流石はミシュラン!と感心したことを憶えています。

 それまで使っていたタイヤは全てブリジストンで、BT45Vを3本履いた後、BT-021を2本履いてきました。

 全て所謂“ツーリングタイヤ”というジャンルのものです。減り易いセンター部分には耐摩耗性重視のコンパウンドを使って長距離ツーリングにも十分な耐久性を持たせ、コーナリング時に接地するサイド部分はグリップ力のあるコンパウンドを使うという、ロングライフとスポーツ性を両立させました!というタイヤです。

 PR2も同じような構造のタイヤなのですが、それまで履いていたタイヤとは明らかにフィーリングの違うタイヤだと思いました。


 因みにBT-021というタイヤはどうも大失敗作だったらしく、大変に評判が悪かったようです。

 何しろツーリングタイヤのくせにアッという間に摩耗してしまい、そのくせコーナリングでのグリップ力が高いという、商品ジャンルとは逆のタイヤだったらしいです。交換後数百メートル走行しただけで早くも編摩耗しているのを見つけたときは愕然としたものでした。

 もちろんメーカーにはたくさんのクレームが寄せられたようで、BT-021という品名はそのままに対策版というか改良版を出したようですが、所詮付け焼刃だったようです。(因みに、リア・タイヤもBT-021を入れていましたが、こちらはそこそこの耐久性はあったように思います。フロント・タイヤの方の出来が悪かったようです。)

 私も一本目だけで懲りずに二本目を入れましたが、これも直ぐに摩耗してしまい、さすがに嫌気が差して評判の良かったミシュランのPR2を入れたのでした。

 そういう経緯で入れたPR2ですが、前述のようにフィーリングが良かったこと、ロングライフであること、そして摩耗が進んできてもハンドリングの悪化が少なく感じてとても良いタイヤだと思います。(もう少し交換せずにこのタイヤで引っ張ろうかな、なんて思うくらいでしたが、車検も迫っているので交換することにしたのです。)

 なので、今回もPR2を使うつもりでした。(リアもPR2を履いているので)

 しかし、パイロットロードシリーズは“4”まで進化しており、PR2は既に在庫無し。ならば最新モデルのPR4にするか、と思うも希望サイズ(18インチ)のタイヤはカタログに載っておらず。

 ならば一つ前のモデルのPR3で注文したところ、日本国内には在庫が無く、フランスから取り寄せなければならないが何時入ってくるか代理店でも判らない、とのこと。舶来品はこういう面で困ります。

 もしかしてミシュランは18インチタイヤにあまり力を入れなくなったのでしょうか?

 参考に、ですが、私のカタナに装着しているタイヤは110/80-18インチというサイズで、一昔、いや、かなり昔(80年代初頭)主流だったサイズ。

 それ以降、バイクのタイヤはフロントもリアも17インチサイズが主流となり、今に至っています。タイヤによっては18インチサイズをサポートしていないものも珍しくないのです。


 仕方なく選んだのはブリジストンのBT-023というタイヤ。悪名高いBT-021の後継モデルで、私にはアレルギーのあるブランドですが、大幅な改善が施されたようで、タイヤ屋さんに訊いてもツーリングタイヤとしての評判は良いそうです。

 

f:id:sword749:20140913164403j:plain
▲新しく装着したBT-023。この写真を見ると、上のPR2の磨耗具合が良く分かります。左右非対称のパターンというのも面白いです。

f:id:sword749:20140913164417j:plain
▲新しいタイヤは気持ちが良いです。

 

 少し走ってみた印象ですが、やはりPR2とはちょっと違うように感じます。クセが無く素直、とでもいうのでしょうか。

 もう少し走って一皮剥けてどうなるか、また耐磨耗性はどうなのか?

 期待したいと思います。