自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

河口湖自動車博物館・飛行館

 先日、山梨県にある「河口湖自動車博物館」というところに行ってきました。

 

www.car-airmuseum.com

 

 ここの「飛行館」にはゼロ戦が収蔵されているとのことで、以前から行ってみたいところでした。

 しかしこの博物館、何故か開館しているのが8月の一か月のみ。*1毎年、ついつい行きそびれていて、漸く行くことができました。

 

 駐車場に入った段階でF104や大型の輸送機の姿が目に入り、テンションが跳ね上がります。

f:id:sword749:20160816222231j:plain

f:id:sword749:20160816222445j:plain

 

 ここの博物館、「自動車館」と「飛行館」に大別され、それぞれ入場料が必要です。(共に1,000円)

 迷うことなく「飛行館」に進みます。外から見た感じは大きな倉庫(ガレージ)という感じで、実際中もそんな感じで決して立派な建物ではありませんでした。

f:id:sword749:20160816222532j:plain

f:id:sword749:20160816222612j:plain

 

 

 しかし、その中は圧倒的な展示物でした。

f:id:sword749:20160816222727j:plain

 

 ゼロ戦が3機も。21型と52型と修復途中で説明員の人がいうには“スケルトンモデル”という操縦席と主翼部分の骨組みだけの機体(21型)。

f:id:sword749:20160816222821j:plain

f:id:sword749:20160816222924j:plain

f:id:sword749:20160816223007j:plain

 

 他にも「一式陸攻」(胴体部分のみ)や特攻機の「桜花」、

f:id:sword749:20160816223633j:plain

f:id:sword749:20160816223243j:plain

 

 

 さらには復元途中の「隼」も。これはイギリスから2機分の残骸を購入し、来年の完成を目指しているそうです。

f:id:sword749:20160816223342j:plain

f:id:sword749:20160816223413j:plain

 

 その他にも沢山の飛行機がところ狭しと展示され、「栄」、「誉」等々のエンジンも沢山置いてありました。

f:id:sword749:20160816223452j:plain

f:id:sword749:20160816223757j:plain

f:id:sword749:20160816223728j:plain

f:id:sword749:20160816223531j:plain

f:id:sword749:20160816223543j:plain

f:id:sword749:20160816223605j:plain

 

 

 屋外にもジェット戦闘機のF86やヘリコプター等、その展示物には圧倒されました。

 

f:id:sword749:20160816223847j:plain

f:id:sword749:20160816223828j:plain

f:id:sword749:20160816224710j:plain

 

 兎に角すごい展示物で気が付くと写真をバシャバシャと撮っていました。*2

 とりあえずは“さわり”を紹介ということで。細かいところはまた次回紹介しようと思います。

 

 こんなに凄い展示物だとは思っていませんでした。何とか今月中にもう一度行きたいと思っています。

 興味がある方は是非行かれることをお勧めします。

 

*1:何故8月だけの開館なのですか?と訊いたところ、スッタフ確保等、もろもろの事情とのこと。どうも個人で運営しているようで、通年開館するのは大変なようです。

*2:館内での撮影は携帯電話でのみOK。タブレットや一眼カメラなどの使用はNGだそうです。