自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

またあまり使いそうもない工具を買ってしまいました

 2019年のカタナいじりは補修からです。

 いつの間にかサイレンサーのプレートを留めるリベットが1つ無くなっておりました。

f:id:sword749:20190113114537j:plain

 

 リベット施工ってやったことが無いので、さてどうしたものか。

 でも調べてみると、リベットを打つ道具(リベッター)って案外安いんですね。もちろんピン~キリですが、キリのものなら千円~二千円前後くらいで売っているようです。作業も簡単そう。


 リベットは使う機会は殆ど無く、できれば工具を買わずに済ませたいところではあるのですが、借りる当ても無いし、補修作業をしてくれそうなところを探すよりもこの値段なら買ってもいいやと購入することにしました。

 またしても使う機会の少なさそうな工具が増えてしまいますが、私は工具を揃えることに魅力を感じる性なので、ついつい買うという結論の方に流れてしまうのです。

 


 ネットでいろいろ見ていくとアストロプロダクツの商品が結構安いことが判りました。

 

 

 

 これならネットで買うより直接近所の店舗で買ったほうが早いので早速行ってきました。

 

 目当てのものは直ぐに見つかりましたが、隣にあったもう少し凝った造りのカッコ良いリベッターに目が行きました。

 機能上は変わらないですが、造形とか道具としての魅力を感じます。

 それにこちらの方が少しコンパクトなんですよね。ほんの数センチの差ですが道具を仕舞っておくスペースを考えると結構この差は大きいような気がします。

 安価な方はリベットも数種類のサイズのものが付属しているのに対し、こっちは無し。

 しばらく迷った結果、値段は高く(といっても千円も差はないですが)とも、カッコ良い方のリベッターを買ってしまいました。リベットの方はΦ3.2mmサイズを買ってみました。

 

f:id:sword749:20190113114255j:plain

f:id:sword749:20190113114501j:plain

f:id:sword749:20190113114519j:plain

 

 

 リベット打ちは、リベッターにリベットをくわえさせ、打つところにしっかりと差し込んでレバーを引くだけです。

f:id:sword749:20190113114718j:plain

リベットのサイズはピッタリでした

f:id:sword749:20190113114809j:plain

 


 出来た!

f:id:sword749:20190113114934j:plain

 

 リベットは見た目がカッコ良いですね。何だかいろんなものをリベットで固定したくなりました。

 DIYの幅が広がりそうな予感がします。折角買った工具なのでしっかり活用したいと思います。