自分だけのカタナをつくる ~ Bike &DIY ~

GSX1100S刀のプライベートカスタムと気ままな工作と機械いじりの日記です

FCR キャブレターの清掃

 先日のスロットルワイヤーのメンテナンスのついでにキャブレターのメンテもしておきました。

f:id:sword749:20190729233301j:plain

 

 キャブレターの内部の汚れは殆どなく良好な状態でしたが...

f:id:sword749:20190729233339j:plain

 

 気になるポイントはスロットルバルブです。

f:id:sword749:20190729233523j:plain

横着してニードルを外さずに作業しましたが、無用なトラブルを避けるためにもニードルは最初に外しておいた方が良いですね。

 このローラー部分が汚れてスムーズに動かなくなっていることがあります。こうなるとスロットルの開け閉めでローラーが引きずられてキャブレターボディーが磨耗してしまいます。

f:id:sword749:20190729233713j:plain


 ローラー内側のベアリングがシャーっと軽く回るか確認。少し回転が渋いも1,2 個ありましたが、まずまずの状態。

f:id:sword749:20190729233740j:plain


 前回同様に洗浄と注油を行ないます。パーツクリーナーで洗浄し今回もラスペネを注入しておきます。ラスペネの浸透性は素晴らしいです。すっかりお気に入りのケミカルとなりました。

 


 バルブ本体の方は不動バルブに組み付けられているリップシールがヘタってきているようです。次回交換した方が良さそう。結構いい値段のはずなので消費税の値上げ前に買っておきますか....

f:id:sword749:20190729234312j:plain

スプレーノズルの先で指しているのがリップシールです。要はゴムのシール材です。


 バルブそのものも少し磨耗の痕が見られる(このFCR を入手したときからですが)のでこちらも交換したいです。が、やはり高価なので悩みます。

 

 スロットルバルブを外したら、4 つのバルブの位置の同調が必要になるのが面倒なのですが、まぁバキュームゲージを使わなくてもほぼ合わせられます。

 今回はやり方をちょっと変えてみました。

 現状で同調はほぼ完璧に合っている(以前バキュームゲージを使って同調をとった)ので、分解前に各バルブの開き具合を確認し、組み立て後に分解前と同じバルブの開き具合に調整することで済ませました。

 1mm 径のアルミ棒等をバルブの隙間に差し込んで各バルブの開き具合を確認。
 右から2 番目のバルブを基準にしてこっちはアイドリングアジャスター半回転分締め込み、こっちは1/4 回転分緩めた状態でアルミ棒がピッタリ嵌まる位置にバルブの高さを調整します、という具合に。組み立て後に同じようなバルブの開き具合に調整しました。(写真を撮り忘れてしまい、文章だけではちょっと分かりにくいかと思いますが)

 

 併せてパワーフィルターも洗浄も。こちらもあまり汚れは無し。

 

 こんな感じでササッと済ませましたが、気分的にはスッキリしました。